【初めてのオナホ】初心者におススメのオナホールはどれ?失敗しない選び方

初めてのオナホール

オナホールに興味を持って、初めてオナホールを購入しようと思ったが、オナホのあまりの種類の多さに、何を購入すればいいのか迷ってしまうという方もいるかと思います。

ここではそんなオナホール初心者の為に、「失敗しないオナホールの選び方」を紹介しています。

このページを参考にすれば、「気持ち良くない変なオナホを買っちまったぁぁああ!」という失敗を防ぐことができるので、ぜひ参考にしてみて下さい。

また記事の後半には、初心者におススメのオナホールも紹介しているので、そちらのチェックも忘れずに。

それではまずは、初心者が必ず知っておきたい、基本的なオナホールの2タイプについて紹介していきます。

オナホールには「貫通式」「非貫通式」の2タイプがある

オナホールには大きく分けて、「貫通式」と「非貫通式」の2タイプがあります。

この2つの違いは、単純にオナホールの穴が貫通しているか?どうかの違いです。

貫通式タイプのオナホールの特徴

貫通式タイプのオナホールは、穴が貫通しているので、使い終わった後の洗
浄などの手入れが楽です。

刺激については、穴が貫通しているので、チンコを吸い込まれているような
快感を味わうことはできません。

ペニスへの表面的な刺激がメインになります。

非貫通式タイプのオナホールの特徴

非貫通式タイプのオナホールは、使い終わった後の洗浄が少し面倒です。

穴の奥まで手が届かなかったり、裏返して洗うとオナホールが壊れたりする
ので、気をつけてメンテナンスをする必要があります。

オナホールはだいたいこの「非貫通式タイプ」が多く出回っています。

刺激については、非貫通になっているので、上手に空気抜きをすることでディープフェラチオをされているような感覚を味わえます。

貫通式よりも、より濃厚な刺激を楽しむことができます。

貫通式、非貫通式、共にペニスに刺激を与えるという基本的な構造は変わらないので、使ってみるとどちらも楽しめます。

初心者におススメするなら、非貫通式タイプですね。

メンテナンスは少し面倒ではありますが、非貫通式はオナホールの気持ち良さを最大限に楽しめる構造になっているので、ぜひこの濃厚な刺激を味わってみて欲しいです。

最低限、オナホールの4つの種類は知っておこう

オナホールは大きく分けて4つの種類に分けられます。

・使い捨てオナホール
・ハンディオナホール
・大型オナホール
・電動オナホール

使い捨てオナホール

使い捨てオナホールは、基本的には低価格で、手軽に楽しめるオナホールという位置づけです。

よくビデオルームなどで売っていたりするオナホです。その場で使って捨てるタイプです。

代表的なものだとTENGAですね。

ハンディオナホール

ハンディオナホールは、片手でシコシコできる大きさのオナホールです。

何度も洗って使えるタイプもあり、数多くの商品が揃っています。

大型オナホール

大型オナホールは、等身大サイズのオナホールや、お尻や下半身タイプなど、大きなサイズのオナホールです。

作りが精巧で、使ってみるとリアルにセックスしているような感覚を味わえます。

値段が少し高いものが多いです。

電動オナホール

電動オナホールは、自動でペニスを刺激してくれるオナホールです。

まるで他人にペニスを気持ち良くされているような感覚を味わえます。

こちらも他のオナホールに比べ値段が少し高額になってきます。

さらにオナホールの種類を掘り下げると、さらに多くなってしまうので、もっと詳しく知りたいという方は以下のページを参考にしてみて下さい。

オナホールの種類についてまとめてみました! 調べてビックリ、めちゃくちゃ種類が多かったです。 オナホールを細かく種類によ...

それでは次に、オナホール初心者は、何を基準にしてオナホを選ぶべきなのか?

について話したいと思います。

オナホール初心者は、何を基準にオナホを選ぶべき?

オナホールにはたくさんの種類がありますが、初心者がオナホールを購入する場合、外れのない、人気の王道タイプのオナホールを選ぶ事をおススメします。

癖のあるものだったり、あまりに特定の刺激に偏ったものだと、自分の好みに合わずに、購入して後悔したりしてしまう場合が多いからです。

変わったオナホールを購入するのは、定番のオナホを経験した後でも遅くはありません。

定番で人気のあるオナホールのタイプとは?

オナホールで定番で人気のあるタイプはずばり、「ハンドホール」です。

いわゆるオナホールといえばこの「ハンドホール」をイメージする方が多いかと思います。

あの有名なTENGAもこのハンドホールの種類に属します。

しかしこのハンドホール。定番の人気の種類だけに、販売されているオナホールの数も半端じゃなくらい豊富にあり、この中でもどれを購入すればいいのか迷ってしまうと思います。

そこでその中でも特におススメのハンドホールを紹介したいと思います。

オナホ初心者におススメのオナホはこれだ!

オナホ初心者に一番おススメなオナホールは、「まだ名前がありません」です。

まだ名前がありません

まだ名前がありません

「まだ名前がありません」は、ハンドホールの中で高い人気を誇り、常に売り上げ上位に食い込んでいて、オナホ愛好者から評判が非常に高いオナホです。

見た目のエロさや、挿入した時の刺激や感覚、持ちやすさ、メンテナンスのしやすさ、耐久性など、ハンドホールの中ではピカイチ。

コストパフォーマンスが最高に良いので、自信を持っておススメできる商品です。

まずこれを購入して使えば間違いないという商品なので、オナホール初心者の方は迷ったらこれを購入しましょう。

まだ名前がありませんの詳細はこちら>>

EGG

次にオナホール初心者におススメなのがEGGです。

egg

EGGは全然オナホールという感じではなく、とても可愛らしい見た目をしています。

しかし実際に使ってみると、めっちゃ気持ちが良いです。

普通にハンドホールと引けをとりません。

しかも値段も安いので、コストパフォーマンスは抜群。

パッと見もオナホールだとわからず、バレにくい可能性もあるので、初心者におススメです。

EGGについての詳細はこちら>>

TENGAじゃダメなの?

 TENGAディープスロート
TENGAディープスロート

TENGAも定番のオナホールだと思うけど、TENGAじゃダメなの?と思う人もいますよね。

ダメというわけではないですが、TENGAは作りが使い捨てタイプになっているので、一度使ったら捨てるのが基本になっています。

それだと、また使いたいと思っても再度購入しないといけなくなるので、コストがかかってしまいます。

TENGAは確かに安いけど、コストパフォーマンスが悪いんですね。

それに比べて、先ほどの「まだ名前がありません」は繰り返し使えるタイプになっているので、コスト的にも良いのです。

ですので、初心者の方にはTENGAよりも「まだ名前がありません」や「EGG」のほうがおススメになってます。

まだ名前がありませんの体験レビュー>>

EGGについての詳細はこちら>>

オナホールを購入する前に!必ずセットで必要なローションを忘れずに

オナホールにはローションは必要不可欠です。

オナホを購入する場合は、ローションも一緒に購入する事を忘れないようにしましょう。

オナホールに付属で少量付いている場合もあったりしますが、それでも全然足りなくなってくるので、オナホールを購入する時に、ラブローションもセットで購入しておくと良いですよ。

ラブローションはオナホール以外でも、体や乳首にぬって気持ち良くしたり、パートナーがいればSEXの時にも使えるので、家に1本置いておくと便利ですよ。

オナホールに最適なローションを使うなら、「ピーシーズ」か「ペペローション」を選べば間違いなしです。 両方とも使った感覚...

初めてのオナホールまとめ

オナホール初心者の方には、定番で人気の「まだ名前がありません」か「EGG」がおススメです!

しかしこの世には、もっともっと気持ちが良いオナホールもあります。

興味があれば以下のページも参考にしてみて下さい。

おススメのオナホール
ガチでおススメ!
人気のオナホール3選はこちら>>