男の正しいオナニーのやり方・方法9選 ※知らないと危険!

男の正しいオナニーのやり方・方法

ペニスをしごくオナニーも間違ったやり方をすると、チンコが変形したり、セックスの時に射精がしにくくなったりと危険がいっぱいです。

例えば、力強く握って皮オナニーをすると、カリが小さくなって新幹線みたいな亀頭になったりする場合があります。

ですので、ここではリスクなく楽しめる、正しい男のオナニーのやり方・方法を9つ紹介したいと思います。

竿から亀頭にかけて、色々なパターンの弄り方があるので、正しいオナニーの仕方を実践しましょう。以下にその方法9選をご紹介します。

フェザータッチ

フェザータッチ

サワサワ感で快感を高めるフェザータッチ

■ 勃起したペニスの根元から、カリの部分まで指先だけで軽くタッチする

■ 皮の上下運動は行わない

■ 我慢汁が出てもじっと我慢する

フェザータッチは、その名前の通り、羽毛で竿の根元からカリの部分まで、触れるか振れないか程度の軽い触り方をするのがコツです。

射精感に対して焦らしを与えつつ、性的興奮を高めるのに効果的です。ペニスが脈打つぐらい焦らしましょう。

ゾワゾワした、くすぐられるような快感を味わえるのが特徴です。

指輪っか

指輪っか

カリを刺激する指輪っか

■ カリの部分を親指と人差し指で輪っかを作り刺激する

■ 反対の手で皮の上下運動を行う

指輪っかは、カリと竿の両方の刺激を味わえるのが特徴です。

ペニスが勃起した状態で、片方の手で指輪っかを作り、カリの部分を軽く刺激します。

それからもう片方の手で、竿を上下に動かして刺激します。

この2つの刺激を同時に行ったり、別々に繰り返しながら気持ち良くなるオナニーです。

裏筋マッサージ

裏筋マッサージ

オナニーの途中で行いたい裏筋マッサージ

■ ペニスの裏側、亀頭と皮を結んでいる部分をカリから皮に向かって触っていく

■ 射精感が強まった時、一時停止させる時に効果的

■ 敏感な部分なのでマッサージはソフトタッチでする

裏筋は亀頭の裏側部分、竿と皮を結ぶための部分です。

射精感が強まった時、まだ射精したくないけど、手を離すとチンコがなえてくる際に、快感だけを維持できる効果的な方法です。

裏筋はとても敏感なので、軽く撫でるようにマッサージしましょう。

フェラチオで良く女性がペロペロしてくれる部分でもあるので、それをイメージしながら行うと良いですよ。

順手しごき

順手しごき

フィニッシュで使いたい順手しごき

■ 勃起したペニスを5本指すべて使って握る

■ 皮を上下運動させ、射精感を高める

■ 皮はあまり下まで引っ張りすぎないようにする

順手しごきはオナニーのフィニッシュに最適の方法です。

5本指すべて使うとストローク幅が狭くなる場合は2〜3本でも構いません。

コツは親指で皮の縫い目を押さえることです。

ただし、あまり興奮して皮を下まで引っ張り過ぎると裏筋を痛める場合があるので、痛くならないように調整しながら行うようにしましょう。

逆手しごき

逆手しごき

自分の手ではないような錯覚を与える逆手しごき

■ ペニスを握る際、手の平を返して親指が下に向くようにする

■ 利き腕ではない方がさらに効果的

■ そのまま射精しても良い

逆手しごきは、いつも握っている手を逆にしてペニスをシコシコするオナニーです。

いつもとは違った感覚になるので、まるで他人がペニスを触っているかのような感覚になれるのが特徴です。

頭の中で妄想を膨らませながら行うと、さらにリアリティが増しますよ。

利き腕で行っても良いですが、利き腕ではない方を使うと、他の人にされているという感覚がより強くなるので、余裕のある方はぜひチャレンジしてみて下さい。

お祈りしごき

お祈りしごき

力強い射精をしたいならお祈りしごき

■ 両手でペニスを包み込み、祈りのポーズのように両手の指を絡める

■ ストローク幅が狭くなるが、ペニスを広範囲で包み込める

両手を使うのでAVやエロ本など、オナニーの刺激剤を操作することはできません。

手の平を広範囲でペニスに接触させる事で、女性のマンコを再現したオナニーです。

自分がシコっていない感覚を味わいたい人にはおススメですが、リアルなマンコの刺激には遠く及ばず、さらにストロークの幅が狭いので、刺激は少なめになっています。

リアルな女性器(マンコ)を味わいたいなら、オナホールを使う事をおススメします。

亀頭さすり回し

亀頭さすり回し

オナニーの上級者向け亀頭さすり回し

■ 皮を下ろして亀頭を露出させ、指でカリや亀頭全体を撫で回す

■ 皮は上下運動させずに亀頭の快感だけを味わう

■ 勃起させた状態で行う

亀頭さすり回しは、親指を中心とした指だけで亀頭を弄るオナニーです。

勃起させないと亀頭は敏感にならないので、ペニスを勃起させた状態から行います。

カリや亀頭を中心に指でさすって刺激します。

指が汗ばむと摩擦の抵抗が増して、スムーズにさすれないので、その場合は指の汗を乾かしてサラサラになってから行うか、ローションを使って行うと良いですよ。

ローションを使えば、ヌルヌルして感度も敏感になるのでおススメです。

亀頭みがき回し

亀頭みがき回し

チンコの先を刺激する亀頭みがき回し

■ 片手で竿を持って安定させ、もう片方の手の平で亀頭を中心に回すように撫でる

■ 我慢汁が出てから行う方が効果的

■ ローションを使うと刺激もスムーズ

亀頭みがき回しは、いわゆる亀頭責めの1つです。

手の平で亀頭を磨くように回し、我慢汁が出るくらい焦らしながら責めると最高です。

手のひらが摩擦で上手く擦れない場合は、ローションを使うとスムーズに行えます。

なお、この方法を行う時は、必ず清潔な手で行なってください。

汚れていると雑菌がチンコの先から侵入して、ペニスに悪影響を与える原因になります。

亀頭こねくり回し

亀頭こねくり回し

荒々しい気分で行う亀頭こねくり回し

■ 手の平で亀頭を包み、こねるように弄る

■ 我慢汁が出ていればそれを亀頭全体に塗り込める

■ 包んだ手の平にフィニッシュする

■ ローションを使うと効果的

亀頭こねくり回しは、亀頭責めのフィニッシュに最適の方法です。

これまでの方法ですっかり敏感になり、射精感が高まってきたら手の平で亀頭を包み込み、やや激しくこねくり回しましょう。

荒々しく亀頭を虐めることで責められている気分が盛り上がるので、一気に手の平へ射精します。

ローションを使うとさらにヌルヌルして、刺激がアップするのでおススメです。

以上、9つの正しいオナニーの方法を紹介しました。

もちろんペニスへの刺激はこれだけではないので、自分の好みの方法を探すのも楽しみのひとつですね。

なお、ペニスへ刺激を与える際はローションを使うとさらに効果がアップします。

男の正しいオナニーのまとめ

ここでは、基本的なペニスオナニーの正しいやり方・方法を9つ紹介しました。

その他にも、たくさんのオナニーが存在するので、興味のある方は当サイトで紹介しているオナニーを色々とチェックしてみて下さい。

ペニスオナニーで最上級の快感を得たいなら、やはりオナホールを使うのが王道ですので、以下におススメのオナホも紹介しておきます。

おススメのオナホール
気持ち良くてヤバ過ぎw
おススメのオナホール3選はこちら>>



コメント

  1. やまぐち より:

    イラストかわいいw