前立腺マッサージは危険? 実際の事例をまとめて検証してみた ※興味ある人は要注意

前立腺マッサージは危険?

前立腺マッサージに興味ある!という方は注意!

まずその危険性を知ってから始めるようにしましょう。

誤った方法で前立腺マッサージをしたことによって肉体的、精神的に損傷を受けたという例もあります。

前立腺マッサージは正しい方法で行っている限り危険性はありませんが、過度に行ったり手順を省いたりすると危険が発生します。

前立腺マッサージにおける危険性を以下に紹介します。

前立腺マッサージの危険性〜初心者編〜

■ 直腸内の洗浄を浣腸に頼ると自然排便が困難になる

■ 肛門周辺をほぐす時にアナル専用ローションを使わないとヒリヒリする

■ 無理に肛門へ指を入れると肛門が切れる可能性がある

■ 爪をきちんと切ってヤスリをかけておかないと肛門や直腸を傷める

■ 前立腺を長く強く押していると下腹部が痛くなることがある

■ 指を入れた後、指をきれいに洗浄しておかないと臭うだけでなく不衛生

以上の危険性について、それぞれ解説しましょう。

直腸内の洗浄を浣腸に頼ると自然排便が困難になる

前立腺は直腸壁越しにあるので、直腸の洗浄は欠かせません。

しかし直腸をきれいにしたいからといって、市販の浣腸液ばかり使っていると身体の機能が浣腸液に頼ってしまい、排便を自分でコントロールできなくなることがあります。

浣腸液は洗浄が目的ではなく、排便を即すことが目的です。

直腸の洗浄は水またはぬるま湯で十分です。

トイレのウォッシュレットやアダルトグッズの洗浄器を使ってきれいにしてください。

肛門周辺をほぐす時に、アナル専用ローションを使わないとヒリヒリする

肛門は薄い筋肉と皮膚だけで構成されており、脂肪がほとんどありません。

皮膚の下には毛細血管が集中しているので、強く擦るだけでヒリヒリします。

前立腺マッサージをする前は必ずアナル専用ローションを使ってください。

一般的なポリアク系ローションでもかまいませんが、アナル専用は潤滑性と持続性が高いので指の挿入にも向いています。

ひとつあればいろいろなプレイに使えるので用意しておいた方が賢明です。

無理に肛門へ指を入れると肛門が切れる可能性がある

前述したように、肛門はとてもデリケートです。

無理に指を入れようとすると肛門が裂けてしまうことがあります。

肛門にキズを作ると大便排出の時に雑菌が傷口から侵入して化膿することもあります。

指を入れる時はリラックスできる体勢で、たっぷりローションをつけて挿入してください。

爪をきちんと切ってヤスリをかけておかないと肛門や直腸を傷める

直腸壁は排便を即すための粘膜構造です。

たとえ指がローションですんなり入っても直腸壁を通して前立腺を押す時に爪が伸びていたりヤスリがかかっていなかったりすると、直腸壁を傷つけることがあります。

キズがつくと痛いだけでなく、そこから大便の雑菌が侵入して直腸炎を起こすこともあるので、指先は必ず手入れをしておいてください。

前立腺を長く強く押していると下腹部が痛くなることがある

前立腺は女性のGスポットと同じ役割を持っている、といっても内蔵の一部です。

外部から押されるために存在しているわけではありません。

そこを直腸越しとはいえ押し続けるのですから、人によっては痛みの原因にもなります。

前立腺を押す時は最初から強くするのではなく、ゆっくり焦らず、優しく押してください。

指を入れた後、指をきれいに洗浄しておかないと臭うだけでなく不衛生

直腸を水またはぬるま湯で洗浄しても雑菌が完全に取り除かれることはありません。

前立腺マッサージを終えた後の指は雑菌だらけです。

その指でペニスをいじったりすると、雑菌が尿道口から侵入して尿道炎や膀胱炎を引き起こすことがあります。

前立腺マッサージの後はすぐに指を洗浄してください。

前立腺マッサージの危険性〜中・上級者編〜

■ 連続して前立腺マッサージをすると肛門が緩くなって排便コントロールが効かなくなる

■ 気持ち良いからといって続けてすると勃起不全や逆に勃起しっぱなしになることがある

■ 前立腺マッサージを他人に見られるとかなり変態扱いされる

■ 肛門に指や器具を入れていると稀にペニスが欲しくなることがある

以下、詳しい解説になります。

連続して前立腺マッサージをすると、肛門が緩くなって排便コントロールが効かなくなる

肛門は平滑筋によって開閉し、大便の排出を行います。一度広げても短い時間であれば元に戻りますが、長い時間、それも頻繁に広げたままにすると平滑筋が伸びて肛門が緩んでしまい、大便の排出コントロールができなくなります。

気持ち良いからといって続けてると、勃起不全や逆に勃起しっぱなしになることがある

肛門から前立腺周辺には神経系統が複雑に入り組んでいます。

前立腺を連続して長時間マッサージすると神経系統まで影響することがあります。

これまで原因は分かりませんが、前立腺マッサージをやり過ぎたことで勃起しなくなった、あるいは勃起しっぱなしになった、日中でも時々頭の中が真っ白になる、などの症状で悩んでいるといった口コミが上がっています。

前立腺マッサージは週に1〜2回程度に抑える方が無難です。

前立腺マッサージを他人に見られるとかなり変態扱いされる

これは肉体的損傷ではありませんが、かなり精神的にヘコむので注意してください。

前立腺マッサージのもっともリラックスできるのは横臥位でお尻を突き出し、膝を曲げた体勢です。

この格好で指や器具を肛門に入れ、長い時間同じ体勢を保たなければなりません。

その格好で悶えた声を上げたり身をよじっている姿を妻や母、あるいは子供などに見られると家庭内で致命的な汚点を残すことになります。

前立腺マッサージをする時は必ず誰も入ってこない部屋で、カギをきちんとかけてから行った方がいいでしょう。

肛門に指や器具を入れていると、ペニスが欲しくなることがある

指で前立腺をいじっていると物足りなくなってアダルトグッズを挿入するようになります。

そこまでは問題ありませんが、稀にアダルトグッズではなく本当のペニスを入れたらどんな気持ち良さがあるのか?と好奇心を抱く人がいます。

実際にアナルへペニスを入れるのは本人の自由ですが、やはりゲイの道に染まりたくないという気持ちがあるのなら、自制した方が賢明です。

前立腺マッサージは正しい方法で行うことが大切

前立腺マッサージには以上のような危険性があるものの、注意していればすべて回避できる問題です。

危険性があるからといって挑戦しないのはもったいない話。

もし前立腺マッサージをする場合は、正しい方法・やり方で前立腺マッサージを行うようにしましょう。

ここでは正しい前立腺マッサージのやり方・方法を紹介しています。 間違った前立腺マッサージをすると、ケガや病気の元になる...