脳イキがヤバイ!音声催眠オナニーのやり方・方法まとめ ※初心者必見!サイニー音声なども紹介

催眠オナニー

 

このページでは音声催眠オナニー(サイニー)のやり方・方法を解説しています。

興味のある方は参考にしてみて下さい。

音声催眠オナニーとは?

音声催眠オナニーとは、催眠音声を使い、トランス状態に入ったままシコってオナニーしたり、夢精のように射精するオナニーのことを言います。

音声催眠オナニーとは、最近になって登場した新しいオナニー方法です。

サイニーとも呼ばれることもあります。

 

催眠と聞くと特別な意識のように思われますが、簡単に説明すると、意識が半分以下に覚醒している状態のことです。

例えば、電車の中で座ったまま、あるいは学校の授業や講義を聞いたまま、気持ち良くうたた寝してしまうような状態のことです。

トランス状態、変性意識の状態とも言われています。

この意識下では多くのことを論理的に捉えられず、ひとつの事象に意識が占領されてしまうことがあります。

 

音声催眠オナニーは現在のところ、催眠音声を配布しているサイトで催眠音声をダウンロードし、その音声を聞きながら夢精、射精する方法が主流です

催眠音声では、射精に導いた後に、催眠を解除する音声を含んでいることが一般的です。

 

音声催眠オナニーのやり方・方法について

1. 催眠音声が販売されているサイトから催眠音声をダウンロードする

現在、音声催眠オナニー用の音源は有料、無料、問わず様々なタイプがネット内に出回っています。

これは催眠オナニーにおける音源の制限が行われていない証拠でもあり、有料だから優れているというわけはなく、無料だから効果が弱い、ということもありません

また音声によっては自分に合う合わないもあるので、色々と試して自分がハマる催眠音声を見つけると良いですよ。

それから催眠音声の制作者が、必ずしも催眠法の心得、テクニックがあるとは限りません。

初心者におススメの催眠オナニーCD&入門書は以下のページを参考に。

脳汁ドバドバ「落ちる」体験がヤバイ!おすすめの催眠音声5選! 幸福感に包まれるドライオーガズム
このページでは、おすすめの催眠音声を紹介しています。 催眠音声でオーガズムを感じたい人は参考にしてみて下さい。 脳イキでトロトロに!初心者におすすめの催眠音声! 双子のい・い・な・り~性感開発ボイス~ 今...

 

2. 催眠法にかかりやすい環境を整える

催眠法にかかりやすくするために、部屋を暗くし、自分がリラックスできる状態を整えましょう

また、他の人に邪魔されないような空間の確保は必須です。

ヘッドフォンを着用した方が、催眠にかかりやすくて効果的なのでおススメです。

夢精に備えて、パンツやズボンを汚したくない人は、コンドームを着用しておくことで、後処理も簡単に行えて良いですよ。

 

3. 催眠音声を聞いてオナニーする

あとはダウンロードした音源をパソコンや、スマホなどにコピーして音声を聞いてオナニーするだけです。

人によっては大きな快感の波に包まれ、ベッドから落ちそうな興奮と射精を得られる、という場合もあれば、興奮はするけれど射精まではできない、という人もいます。

ペニスオナニーのように能動的ではなく、音源を聞くという受動的なオナニーなので、まずは音声を聞きながらペニスをシコって射精して慣れていくと良いですよ。

 

催眠音声の選び方

現在、催眠音声は色々な種類が販売されています。

主にプレイ内容によって分かれているので、自分がどんなプレイで気持ち良くなりたいのか?を基準に選ぶと良いですよ。

また人それぞれ自分に合う催眠音声も変わるので、色々と興味があるものを試していくのがおススメです。

 

脳イキでトロトロに!初心者におすすめの催眠音声!

双子のい・い・な・り~性感開発ボイス~

今のところ催眠音声の最高傑作と呼び声が高い作品。

「落ちる」という感覚が良く感じられると口コミで評判です。

双子のい・い・な・り~性感開発ボイス~の詳細&口コミはこちら>>

 

【ASMR×催眠音声】甘とろリップ

耳舐め、ちゅぱちゅぱのキスで意識がドロッドロ。

「好き」という囁きとキスで優しく落としてくれます。

優しく幸福感に包まれたオーガズムを体験したい人におススメです。

【ASMR×催眠音声】甘とろリップの詳細&口コミはこちら>>

 

ヒプノマルチレイプ


複数人の女の子達の責めによる催眠音声。

作品タイトルにレイプとありますが、女の子達にイタズラされて弄ばれるような感覚で、陰湿なものではありません。

催眠も丁寧で、絶頂の衝撃は癖になりますよ。

ヒプノマルチレイプの詳細&口コミはこちら>>

 

音声催眠オナニーのよくある質問について

催眠は本来、人間の顕在意識と潜在意識の間にある状態のため、精神的に不安定な状態にあります。

その部分に性的興奮を植え付けるのですから、まだ未知数な点が多いといえるでしょう。

催眠法にはとくに資格が必要というわけではなく、誰でも行って構わないものなので、事前にダウンロードする催眠オナニー用のサイトはどんな人が、どのように作っているのか必ず確かめるようにしてください。

また精神的に不安定要素を抱え、通院、または処方箋が出ている人はどのような影響が出るのか検証されていないので、止めたほうがよいです

以下、催眠オナニーに関する疑問や不安をQ&A方式にまとめてみました。

 

Q: 音声催眠オナニー用の音源ってどういう人達が作っているの?

A: ほとんどは同人サークルによる作品で、現在のところ、アダルトグッズ業界、ゲーム業界、AV業界など一般的な企業が作っている形跡はありません。

ストーリーは同人サークルにありがちなSF的、幻想的、S女M男的な内容が多いので、まずはどのようなストーリー物であるかをダウンロード前に確認した方がいいでしょう。

 

Q: 音声催眠オナニーで必ず射精できる?

A: 個人差があるので必ず射精できるとは限りません。

ある催眠オナニー音源サイトでは、夢精できない人は音源の主人公女性を信じていない人、などと公然に宣言しており、こうなるとほとんど宗教に近いものがあります。

オナニー用グッズには当たり外れがあって当たり前、という風潮もあるので、射精できるかどうか、一度試してみたい、という人のみダウンロードすることをおススメします。

 

Q: 音声催眠オナニーでこれまでトラブルはあるの?

A: 今のところ、催眠オナニーによるトラブルはネット内にも報告はありません。

トラブルではありませんが、やはり射精まで導かれない、という内容は多くあります。

また発生が同人サークルだけに催眠オナニーが都市伝説的に一人歩きしている部分もあり、音源サイトのなかには都市伝説を楽しんで膨らませているところもあります。

未知数が多いだけに今後、どのようなトラブルが発生するか予測不可能であることが現状です。

 

Q: 音声催眠オナニーの音源を作るための資格ってあるの?

A: まったくありません。たまに臨床催眠療法士と名乗る人がいても、これはNPO法人による民間の資格です。

現在では禁止されているサブリミナル効果の例でも分かるように無意識下へのひとつの事象の投入には、まだまだ未解決の部分が多く危険な領域もあるのですが、それらを技術的にカバーしているところが実際にどれほどあるか、誰も分かっていないことが現状です。

 

音声催眠オナニーと相性の良いアダルトグッズ

催眠音声は、色々な種類がありますが、基本的にこちらが受け身の状態で、相手に責められるものが多いです。

そんな受け身の催眠音声と相性が良いアダルトグッズが以下の2つになります。

 

乳首責めグッズU.F.O. SA


U.F.O. SA

 

乳首責めグッズのUFOSAは、自動で乳首を責めてくれるので、リアルに音声の相手に乳首を弄られたり舐められたりしているような感覚が楽しめます

乳首が感じるという人には特におススメです。

U.F.O. SAの詳細 & 口コミはこちら>>

 

UFOSA電動式の乳首責めグッズを通販で購入した感想&体験レビュー
電動式の乳首責めグッズ「UFOSA」を購入して使ってみました! これ、マジで他人に乳首をペロペロ舐められている快感でヤバイですwww めっちゃ気持ち良かったので、さっそくレビューしたいと思います! UFOSAの詳細 &...

 

A10サイクロンSA +PLUS(プラス)


A10サイクロンSA +PLUS(プラス)

 

A10サイクロンSAプラスは、オナホールが横回転をして刺激を与える電動オナホールです。

まるでリアルにフェラチオされているかのような快感が味わえるので、音声の相手にペニスをしゃぶられているような感覚が楽しめます

A10サイクロンSA +PLUS(プラス)の詳細 & 口コミはこちら>>

 

A10サイクロンSA +PLUS(プラス)の口コミ体験レビュー&感想!気持ち良過ぎワロタw電動オナホ
電動オナホA10サイクロンSA +PLUS(プラス)が・・・ キタ━━━(゚∀゚).━━━!!! 今話題の電動オナホール、A10サイクロンSA(スタンドアローン) +PLUS(プラス)を購入して使ってみました! ...

 

 

コメント

  1. 匿名 より:

    催眠オナニーは10年くらい前から存在が確認できますよ。
    僕も催眠オナニー歴7年くらいになりますし最近登場したというよりは最近台頭してきたと言った方が正確です

    • onanisuta より:

      そんなに古くからあったんですね。
      もしかすると情報がないだけで、ネットが普及する前にもあったかもしれませんね。

タイトルとURLをコピーしました