オナホールの「貫通型」と「非貫通型」って何が違うの?調査した結果⇒刺激の質が違う

オナホール、貫通型と非貫通型

ハンドオナホールは大きくわけて、「貫通型」と「非貫通型」がありますが、何が違うのか?調査してみました。

それぞれメリットやデメリットがあるので、ぜひ参考にしてみて下さい。

オナホールの貫通型とは?

貫通型はオナホのもっとも基本となるタイプです。

オナホールの挿入口から出口までの穴が貫通しており、ペニスを挿入しても、空気が抜ける感じになっています。

貫通型は、製造段階での造形が比較的簡単なので、格安で提供されています。

初心者がオナホに慣れるためには、まず貫通型から始めることをおすすめします。

貫通型のメリット

・価格が安い

・豊富な種類がある

・貫通型でも快感度の高い商品が数多くある

・ローションが足りなくなったらボディ先端の穴から入れることができる

・使用後の洗浄が簡単

貫通型は、価格が比較的に安いからといって、刺激まで弱いわけではありません。

オナホールを握る強さで快感をコントロールできたりするからです。

また貫通型は、使い終わった後のオナホールの洗浄が楽にできます。

またオナホは使用後に必ず洗浄しなければなりません。

ローションや精液がついたままだと、カビが生えて使い物にならなくなります。

貫通型は、オナホールの穴が貫通しているので、挿入口から水を流せば、先端から使用後のローションや精液を流せて洗浄しやすいです。

また、ちくわのようにひっくり返せるタイプもあるので、とても簡単に、楽に洗浄をすることができます。

後始末が面倒、というユーザーは貫通型の方がいいですよ。

貫通型のデメリット

・締め付けが弱い

・先端に穴が空いているので亀頭が出てしまうものもある

・激しくしごくと先端の穴からローションが出てくる

・射精の際、先端の穴から精液が出てしまう

穴が貫通していることはメリットを生み出す反面、デメリットも発生させます。

もっとも困るのは精液受けがないこと。どうしてもティッシュを使わなければならず、射精後は普通のペニスオナニーと変わらぬ気分になってきます。

これが苦手なユーザーはコンドームを被せるという手があります。貫通型は握り具合で締め付けを変えることもできるので、亀頭責めも可能です。

デメリットはちょっとした工夫で避けることができます。

オナホールの非貫通型とは?

非貫通型のオナホールとは、オナホの穴が、貫通していないタイプになります。

女性のマンコやアナルと同じように、挿入する穴がボディの中で止まり、貫通型に比べて、いろいろな種類のオナホが揃っています。

造形を複雑にできることや、大型化も可能なので、一般的なハンディタイプから、お尻の形をした据え置きタイプ、さらにトルソー(人台型)タイプまで販売されています。

非貫通型のメリット

・空気抜きをしっかり行うとバキューム感が強い

・精液漏れの心配がいらないので、思いっきり射精できる

・エア嫁などに装着できる

・据え置きの大型であれば、腰振りオナニーができる

・トルソータイプになると、抱いているだけでも気持ちがいい

非貫通型のメリットは、貫通型に比べてリアル感が増すので、気持ち良さが格段に高くなります。

とくにフェラホール(フェラっぽい感覚が味わえるオナホ)には、非貫通型が多く、まったりとした気分を味わうことができます。

ただし、空気の抜ける穴がないので、最初に空気抜きをしておく必要があります。

空気抜きといっても難しいことはなく、初心者でも簡単にできます。

オナホにローションを入れ、全体になじませたらボディ先端から軽く絞って、空気を挿入口から追い出すようにするだけです。

空気抜きをすると、ペニスにホール内部が吸い付いてくるような感覚になり、ピストンすれば、挿入口からローションが溢れて、リアルなセックスをしている気分になります。

非貫通型のデメリット

・使用後の洗浄が面倒

非貫通型最大のデメリットは、使った後の洗浄が面倒なところです。

ハンディタイプには、ちくわのように裏返すことができる種類もあります。

しかし大型オナホールのタイプになると、裏返すことはほとんど不可能です。

とくに据え置きタイプやトルソータイプは、ボディ本体が重いので洗浄がとても大変です。

ですので、オナホールを購入する際に、アダルトショップで販売している、オナホ用の洗浄キットを一緒に購入しておいた方が良いです。

また大型で楽しむ場合、コンドームを被せて洗い不要ローションを使えば、使用後の洗浄はウェットティッシュなどで拭き取るだけなので、少しは手間が省けます。

また大型になるほど、ボディの素材であるエラストマーからオイル滲みが強くなります。

使用後は、油を吸いやすいタオルなどでくるんだ方が、次回からすぐに使うことができます。

洗浄は確かに面倒ですが、非貫通型は貫通型よりも気持ちイイ快感を得られます。

オナニーする際に、洗浄のことまで考える必要はありません。

最高に気持ちがイイオナホールを使いたいなら、非貫通型を選べば間違いありません。

オナホール未経験の方は、貫通型と並んで非貫通型も購入して比べてみると良いですよ。

 おススメのオナホール
ガチでおススメ!
人気のオナホール3選はこちら>>