エアダッチ・ラブボディの空気漏れの修理方法・やり方について

エアダッチ・ラブボディの空気漏れの修理方法

ラブボディが空気漏れしている場合の、修理のやり方・方法について紹介しています。

用意するのは、一般的な瞬間接着剤や、ボンドで貼り合わせることもできますが、その程度の補修では、必ず接着剤が剥がれて空気漏れが繰り返されます。

アダルトグッズショップで売られている「おもちゃ補修キット」は、樹脂製の接着に向いており、ラブボディに使用されている塩ビシートが同梱されているので、修理に最適です。

では修理の方法を順に説明していきます。

ラブボディから空気漏れ!修理の仕方について

1. ラブボディに空気を入れ、空気漏れの場所を探します。

各部を少し強めに押すと空気の漏れる音がしますので、場所を特定できたらそこを見失わないように色つきビニールテープを適度な大きさに切って貼り付けておいてください。

2. 穴の大きさに合わせて付属の塩ビシートを切ります。その際、四角形よりも六角形の方が角からめくれる可能性が低くなります。

切ったシートにボンドを薄く伸ばし、穴のビニールテープを剥がしてシートを貼ります。

3. 貼った後、4分間は完全に密着しないので微調整が可能です。きちんと貼れたら剥がれないように付属の紙シートを乗せ、さらに平らな重り(辞書などの分厚い本で十分)を乗せ、24時間放置しておきます。

1時間で使用可能な強度を得られるとなっていますが、完全接着まで24時間が必要なので1日は使用を我慢してください。

透明ビニール製のエアドールには、いくつかの種類とオプションが用意されています。 ラブボディはA-ONEの登録商標ですが、他のメーカーか...