初心者向けのエネマグラはどれ?知らないと危険!正しい選び方

初心者向けのエネマグラ

初めてエネマグラを使ってみたいけど、どれを選んでいいのかわからない…。という方も多いと思います。

エネマグラ(アネロス)は種類が結構あるのでどれにしたらいいのか迷いますよね。

ですのでここでは、初心者に向いているエネマグラはどれなのか?わかりやすく紹介したいと思います。

初心者に一番おススメなのはANEROS SGX (アネロス エスジーエックス)

アネロスSGX

初心者がどのエネマグラを購入しようか迷ったら、ANEROS SGX (アネロス エスジーエックス)を選べばOKです。

なぜなら小型サイズになっていて、とにかくアナルに挿入しやすくなっているからです。

ちなみにサイズ感は以下になります。

■ 全長は9.6cm

■ 挿入部の直径1.9cm

■ 中間部の直径(一番太い幅)2.3cm

実際に買って試してみたので、レビューも参考にしてみて下さい↓

アネロスSGXを通販で購入した感想レビュー&体験談! ※ANEROS SGX
アネロス(エネマグラ)の中でも、サイズが小さくて初心者向けの、アネロスSGXを通販で購入して使ってみました。 その感想...

ANEROS SGX (アネロス エスジーエックス)が初心者におススメな理由

ANEROS SGX (アネロス エスジーエックス)が初心者におススメな理由を簡単にまとめてみます。

■ 小型サイズになっていて挿入しやすい

■ 先端が細くなっていて挿入しやすい

■ 凸凹がなく挿入しやすい

これを見てもわかる通り、とにかくアナルに挿入がしやすい作りになっているです。

すんなりアナルに挿入できれば、前立腺オナニーもスムーズにできるので、初心者の方はこのSGXから試すと良いですよ。

SGXの体験レビュー↓

アネロスSGXを通販で購入した感想レビュー&体験談! ※ANEROS SGX
アネロス(エネマグラ)の中でも、サイズが小さくて初心者向けの、アネロスSGXを通販で購入して使ってみました。 その感想...

初心者のエネマグラの選びのポイント!ここを気をつけろ

初心者がエネマグラ選びで気をつけたいポイントは以下になります。

■ サイズは細めを選ぶ

■ 凸凹しているのはなるべくさける

初心者が気をつけるのは、とにかくサイズですね。

画像を見ただけでは太さがなかなかわからないんです。

初心者にもおススメって書いてあるし、大丈夫だろうと買ってみたら、実物を手にとってみると意外と太い…。

それで実際に挿入してみると…「えっ!?これ太過ぎて入らないんだけどw」

という展開になってしまうんです。

これ私もそうなったのでわかるんですw

ですので、初心者の方はサイズが細めのものを選ぶ事。

だいたいショップの商品ページに、わかりやすくサイズも書いてあるので、それはしっかりチェックしたほうがいいです。

それから凸凹があまりないものが良いです。なぜなら凸凹がないほうが挿入しやすいからです。

前立腺オナニーなどは、とにかくエネマグラをアナルに挿入して前立腺を刺激してからが始まりなので、挿入する時点でつまづいていたら話になりません。

ですので初心者はとにかく、自分のアナルに挿入できるサイズのものを選ぶようにしましょう!

定番と言われているエネマグラプロテスター(ドルフィン)はどうなの?

エネマグラドルフィン

ちなみに、定番なエネマグラで有名なのが、エネマグラプロテスター(ドルフィン)で、ここから始める人も多いと思います。

ある程度アナルを開発している方なら話は別ですが、

日本人向けに改良されていて、なおかつ有名で定番なので、手を出しやすいですが初心者にはおススメしません。

なぜなら、こちらは実際に使ってみた事があるのですが、ヘッドの先端部分からサイズが太めになっていて、挿入に手こずるからです。

私も初心者の頃に前立腺オナニーで使ってみましたが、太く感じてなかなか挿入までいたらず、かなり悪戦苦闘しました。

挿入までに時間がかかるので、それで体力を消耗して、本番の前立腺オナニーがあまり楽しめないという感じになりました。

むしろなかなか挿入できないので、挿入できたらゴールのような感覚になり、ツルンと挿入できた時は感動しましたね。

「はうあぁ…」と思わず声を漏らしてしまいました。

と、話が少しずれてしまいましたが、初心者の方にはなるべく私と同じように、挿入で苦労してほしくはありません。

ですので、エネマグラプロテスターより小型サイズのアネロスSGXがおススメです。

アネロスSGXを通販で購入した感想レビュー&体験談! ※ANEROS SGX
アネロス(エネマグラ)の中でも、サイズが小さくて初心者向けの、アネロスSGXを通販で購入して使ってみました。 その感想...