ベビーパウダーを使ってチクニーをする方法 ※乳首オナニーが快感

ベビーパウダーを使ってチクニーをする方法について。

この方法は乳首への刺激があまり強いと、気持ち良さよりも痛い方が先に来てしまう、という人向けの方法です。

ベビーパウダーは薬局に行けば簡単に手に入れることができますが、その際、パフ付きのタイプを購入するとチクニーをより楽しむことができます。

ベビーパウダーを使うチクニーは元々、M性感マッサージや抜きあり風俗マッサージから始まっています。

風俗嬢がマッサージをしながら乳首にベビーパウダーをまぶし、それから指で乳首を愛撫するという方法があまりにも気持ちいいことからチクニーに取り入れられました。

ベビーパウダーを使ったチクニーに特別な技術介入は必要なく、ただベビーパウダーを乳首にまぶせばいいだけです。

ただし、あまりつけ過ぎると粉煙が上がってしまうので軽くまぶす程度に抑えておきましょう。

後は指で好みに応じて愛撫すればいいだけです。

乳首の先端をクリクリといじったり乳輪をゆっくりなぞったりするだけでパウダーのサラサラした感触が快感を盛り上げてくれます。

また、せっかくパフ付きを買ったのだからパフで乳首をいじるのもいいでしょう。柔らかく包まれるような気持ち良さを与えてくれます。

ベビーパウダーを使ったチクニーの発展系、身の回りのグッズを使う方法のひとつに毛筆があります。

もっとも最近は毛筆のある家庭というのも滅多にありませんが、文房具店に行けば200円程度から販売されています。

ベビーパウダーをまぶした乳首を毛筆で触るか触らないかぐらいでいじり出すと止まらない快感が訪れること間違いありません。

また毛筆で乳輪をなぞるだけでも鳥肌が立つほどのゾワゾワ感があります。

この毛筆によるチクニー、ベビーパウダーを使わなくても十分に効果がありますが、さらに快感度を増す方法として、毛筆を水に浸けるのも試してみる価値があります。

たっぷりと水を含んだ毛筆は頭の中で冷たさを理解しているのですが、実際に乳首を毛筆でなぞると予想以上の冷たさにペニスまで快感が一気に突き抜けます。

より冷たさを求めるならば氷を毛筆でなぞるといいでしょう。

毛筆は乳首からお腹、脇の下など皮膚感覚が敏感な場所ならばどこでも使用可能で、陰嚢などにも応用できます。

サワサワとした感触はすぐに射精までつながることはありませんが、ジワジワと押し寄せる快感は焦らし効果抜群なので、長時間チクニーをしたい人には最適の方法となるでしょう。

その他の乳首オナニーのやり方、方法については以下の記事を参考にしてみて下さい。

チクニーを10倍楽しむやり方・方法まとめ ※乳首オナニー

ufo2.jpg 乳首オナニーを気持ち良くするチクニーグッズ3選はこちら>>