乳首クリップを使ってチクニーをする方法~ニップルクリップ

チクニーはいろいろな方法で楽しむことができます。

とくに乳首を開発済みの人はソフトタッチのサワサワ感よりも強いジンジンとした刺激を求める傾向にありますが、指だけでは物足りなくなる場合もあるでしょう。

そんな時にぜひ使いたいのが乳首クリップ

一見どの家庭にも必ずある洗濯バサミにも似たこの乳首クリップですが、プラスチック製は挟む部分がギザギザ状態になっており、バネも強力なのでジンジンとした刺激が来る前に強烈な痛みが伴います。

その痛みに耐えられる人ならば興奮度も高まりますが、乳首クリップを最初にトライするなら挟む力が弱く、挟む部分も平坦な木製をお勧めします。

ちなみにその他のチクニーの仕方については以下を参考にしてみて下さい。

チクニーを10倍楽しむやり方・方法まとめ ※乳首オナニー

最近、女性の間で木製乳首クリップにマスキングテープを貼るのが流行っているので、百均や通販で簡単に手に入れることができます。

乳首クリップを使ってチクニーをする際、最初に乳首を挟んで我慢できる痛みであることを確認してください。

我慢できる痛みであれば、そのまま乳首を挟み、引っ張ったり回したりして、自分のもっとも感じるポイントを確認します。

また挟んだまま放置しておくのもひとつの方法です。個人差はありますが、5〜10分ほど放置しておくと痛みはやがてジンジンとした痺れに代わり、感覚が乏しくなってきます。

その状態まで乳首を責めたら洗濯バサミを外し、最初はそっと触ってください。

強烈な痛痒さに似た快感が全身を貫くこと間違いありません。

またジンジンとした痛みがゆっくり回復していく時の幸福感もチクニーを盛り上げてくれる要素になります。

挟むグッズは乳首クリップでなくても構いません。

M気質な人であれば、ニップルリングやベル付きニップルクランプを付ければ、恥辱感を味わいながらチクニーをすると、より深い恍惚感に浸れて、快感を味わう事ができます。

また乳首を挟むという刺激が今いち感じない方や、飽きた方などは、吸引系のグッズを使ったり、電動式で乳首を責めてくれるグッズを使ってみると良いですよ。

ufo2.jpg 乳首オナニーを気持ち良くするチクニーグッズ3選はこちら>>