チクニーだけでドライオーガズムは可能? ※乳首オナニーでイキたい

Q: チクニーだけでドライオーガズムは達成できる?

A: チクニーだけで女性的絶頂の特徴でもあるドライオーガズムを男性が得られるのはかなり難しいでしょう。

しかし女性が乳首への愛撫だけで絶頂を感じる場合があり、男性でも経験している人がいるのは事実です。

さまざまな方法で試みる価値は十分にあります。

もっとも効果的な方法は前立腺刺激と合わせることです。

いわゆる前立腺オナニーをしつつチクニーをするということですね。

前立腺刺激は初心者の場合、前立腺の位置を探すだけでも難しく、前立腺によるドライオーガズムどころか肛門から指を入れても痛いだけ、という理由から諦める人もいます。

乳首の快感は前立腺とつながっているという説があり、乳首をいじって快感を得られるようになると前立腺も刺激され、初心者でも前立腺の位置を探りやすくなります。

ドライオーガズムを得るためには片手でチクニー、片手の指で前立腺刺激を行うことが、達成のためのひとつの方法となります。

最終的にチクニーだけでドライオーガズムを得るようにするといっても、ドライオーガズムそのものを知らなければ話になりません。

そのためにもチクニーと前立腺刺激によってドライオーガズムを経験してください。

ただし前立腺刺激によるドライオーガズムは刺激を続けている間、絶頂が断続的に押し寄せる波のように何度も続きます。

対してチクニーによるドライオーガズムは前立腺刺激ほど強いわけではなく、ドライオーガズムを達するとそれ以上の刺激を与えても痛みが先に来てしまう場合があります。

女性が乳首やクリトリスで絶頂を味わうと、その部分が敏感になりすぎて刺激をさらに加えると痛がりますが、それと同じ現象といえるでしょう。

チクニーと前立腺刺激を併用してドライオーガズムを目的とする場合でも、最終的にはチクニーだけで得られるように工夫することも必要です。

前立腺刺激は指よりもアネロス(元祖エネマグラを開発した会社)系のアナルグッズを使った方が効果的と言われています。

しかし前立腺をグッズで刺激するなら、乳首にもローターを当てるなど乳首グッズを使って感度を高めるのも工夫のひとつです。

ただし、ドライオーガズムは射精を伴わないことが大きな特徴です。

本来、ドライオーガズムを得る際にペニスは勃起しませんが、たとえ勃起したとしてもペニスをしごくようなことは避けるべきでしょう。

我慢できないからといってペニスをしごいてしまうと、快感の方向性は乳首でも前立腺でもなく、ペニスに向いてしまうからです。

むしろ神経は乳首と前立腺に集中させるように訓練しましょう。

また乳首オナニーをもっと気持ち良くしていきたいという方は、以下の記事も参考にしてみて下さい。

チクニーを10倍楽しむやり方・方法まとめ ※乳首オナニー

ufo2.jpg 乳首オナニーを気持ち良くするチクニーグッズ3選はこちら>>