チクニーだけで射精できるようになる? ※乳首オナニーを極めたい

Q: チクニーだけで射精できるようになる?

A: 経験値や個人差があるので一概には言えませんが、不可能ではありません。

セックスの経験値が高く乳首が敏感な女性の場合、乳首への愛撫だけで絶頂に達することがよくあります。

また男性でもチクニーを熟知、さまざまな工夫を凝らした人の中には射精まで達した人がいるので、けっして不可能なことではありません。

射精はペニスの陰茎をしごくという物理的な動きによって行われますが、必ずしも物理的でなければ射精しない、というわけでもありません。

若年層に起きる夢精を見れば分かるように、脳内の興奮だけでも射精が行われるわけです。

したがってチクニーで激しい興奮が得られるようになれば射精も可能性が十分にあります。

乳首オナニー(チクニー)を10倍楽しむやり方・方法について>>

ペニスを刺激しないで射精する行為で近いものと言えば、トコロテンオナニーが代表的ですね。

もっとも、チクニーで快感が得られるくらい上達したからといって、すぐに射精を期待するのは無理というもの。

やはり段階を踏む必要があるでしょう。

最初はチクニーをしながらペニスをしごいて射精しますが、その際、快感の優先順位を乳首とします。つまり乳首で感極まった時に射精を行う訓練をするわけですね。

この訓練を繰り返すとチクニーの快感が高まった時に射精をするという習慣化が脳内に発生するので、やがてチクニーで感極まった時はわずかにペニスをしごくだけで射精まで至るようになります。

こうなればチクニーによる射精はほとんど達成されたようなもので、最終段階はペニスをいじらず両手で乳首をいじり、ペニスにはオナホをかぶせておくだけ、あるいはタオルなどに押し付けておくだけで射精まで至るようになります。

チクニーだけで射精をするコツとは?

チクニーで射精まで達成する方法を経験者に聞くと、必ず最初は徹底的に焦らすことが効果的と言います。

つまりペニスを勃起させ、ペニスをしごくよりもむしろ放置して乳首をいじり、快感度を高めつつもペニスへのタッチを遅らせます。

その我慢は腰が浮いてしまい、息は荒くなり、場合によっては悶え声も出るほど。当然、尿道口からは我慢汁が垂れ流し状態となります。

そしてチクニーで絶頂しそうな時、ペニスを少しいじるだけで強烈な射精感が訪れる、と言います。

この焦らし方法でも最終的には脳内にフィニッシュの状況を刷り込ませることによってペニスタッチなしで射精まで至るので、とにかくチクニーによる感度の向上は必至となります。

チクニーで射精ができるようになると、精液が周囲に飛び散ることになるのでベッドで行うなら事前にタオルなどを用意、シーツの上に敷いて周囲を汚さないように心がけましょう。

ufo2.jpg 乳首オナニーを気持ち良くするチクニーグッズ3選はこちら>>