寸止めオナニーの危険性・リスクとは? ※知らないと危ない

sundome

現在、寸止めオナニーを行うことによって、必ず身体に損傷を与える事実が医学的根拠で証明されたわけではありません。

しかし、実例としてはいくつかの身体的損傷が報告されています。

オナニーをする度、毎回寸止めを行うのは避けた方が賢明でしょう。

以下、寸止めオナニーをする事によるリスクや危険性を紹介しますので、参考にしてみて下さい。

膀胱炎や尿道炎になる可能性

オナニーはできるだけ長引かせた方が気持ちいいのは事実だし、すぐに射精すると、その後の賢者タイムの時間が長く感じられることもあります。

オナニーは時間が許す限り、肉体的限界が近づくまで続けていたいのが男の本音ですね。だから我慢できると思うと、どうしても寸止めを行ってしまうのも無理はありません。

また早漏の人の場合は早漏防止のための訓練として寸止めを行うこともあるでしょう。

ただし、寸止めを毎回行っていると身体に損傷を与えることもあるのです。

実際、勃起したままの状態で、亀頭からガマン汁が出るような状態を何時間も続けていると、射精準備している睾丸がその状態を続けられなくなることから、機能障害のサインとして痛みを発生させます。

射精もしていないのにキンタマが絞り上げられるような鈍痛を感じたことがある人もいるでしょう。

寸止めによって考えられる身体的損傷は尿道炎と膀胱炎です。

精液が精嚢や前立腺から尿道に送られると膀胱が閉まって精子と混ざり、射精が完了します。

しかし寸止めをすると精液と精子が混ざったままの状態になり、精子が精巣から放出されたために膀胱が開いてしまいます。

この時、精子と精液の一部が膀胱に流れ込んでいくことから膀胱炎を起こすことがあります。

寸止めを繰り返すとセックスの時に射精障害も

また精子と精液が混ざった状態は、人によって濃い液状になります。

いわゆるゼリーみたいな精液ですね。

尿道はこの濃い精液をいつまでも貯めておけるわけではなく、いつもは小便のように液体を通すだけなので、濃い精液をいつまでも尿道に貯めておくと、圧迫されて尿道炎を起こすことも考えられます。

もうひとつ心配なのは、寸止めを繰り返していると射精障害を引き起こすことです。

オナニーでは寸止めして自由に射精できても、これがセックスの時になると、女性の絶頂とタイミングを合わせなければならないため、オナニーで寸止めしているタイミングが女性の絶頂になった時に射精できず、そのままセックスを終えてしまうこともあります。

寸止めは絶対にしてはいけない、という行為ではありませんが、やはりリスクを考えると3回に1回程度にしておいた方が無難です。

むしろ射精感が高まった時、一気に放出した方が未練がましくなく、さっぱりとした気分になれることもあるはずです。