尿道オナニーのまとめ ※やり方・方法や危険性などについて

nyoudouona

 

ここでは尿道オナニーについて紹介しています。

尿道オナニーとは?

尿道オナニーとはペニスの尿道を刺激して最終的にドライオーガズムに達するオナニーの事を言います。

オシッコを我慢して漏れそうなくらいに溜まった状態で、それを一気に放出した時に快感が走りますが、その際、尿道に快感を覚えた人がクセになって始める人が多いケースです。

また尿道は奥までたどると膀胱に行き着きますが、その手前に前立腺の上を通ります。この前立腺を刺激してドライオーガズムを得ようという目的でも尿道オナニーが行われます。

どちらも尿道そのものには快感を与える神経が通っておらず、むしろ異物挿入で痛みを感じる神経が通っており、尿道オナニーは方法を間違えると大変危険なので、他のオナニー方法による射精をした方がいいでしょう。

 

尿道オナニーの方法・やり方

尿道オナニーは尿道カテーテルから発想されました。

尿道カテーテルとは本来、前立腺肥大を始めとするさまざまな病気によって排尿が困難な患者のための導尿機器で、これを尿道から挿入すると前立腺が刺激されるという理論から尿道オナニーが生まれました。

尿道カテーテルは本来、医師や看護師から十分な指導が得られなければ使用できない機器です。

したがって尿道を傷つけ、場合によっては傷口から尿の雑菌が侵入してさまざまな弊害を引き起こすので、自信のない人は行わない方が賢明です。

ここでは一応、尿道カテーテルの挿入方法をご紹介します。

 

 

 

1. 尿道カテーテルは挿入前に必ず消毒、また尿道を触る両手も必ず消毒しておきます。

また爪も尿道を傷つける可能性があるので、きれいに切ってヤスリをかけておきます。

 

2. ペニスは勃起していない状態のままで仰向けになります。

軽く亀頭を持ち上げ、親指と人差し指で尿道口を開き、尿道カテーテルをゆっくりと入れていきます。

痛みを感じる、あるいはうまく挿入できないという人はキシロカインゼリーを尿道カテーテルに塗ってから挿入するといいでしょう。

 

3. 一般の男性で約25cm挿入すると前立腺の上に当たります。

さらに約30cm挿入すると膀胱に当たり、激しい尿意に襲われ、尿道カテーテルの反対側から尿が排出されます。

したがって25cmの辺りで前立腺刺激による快感が得られるので、その付近に達したらゆっくりと尿道カテーテルを動かしてください。

前立腺が刺激され、いつまでも射精に近い快感を得られる場合があります。

 

よくある疑問や不安について

尿道オナニーは確立された方法がなく、ネットでは情報が氾濫しており、誤った知識で行うと快感が得られないだけでなく危険な結果を招くこともあります。

ここでは尿道オナニーを行う前の疑問点などをQ&Aにまとめてみました。

 

Q: 尿道カテーテルってアダルトショップで販売しているの?

A: ロビンソンカテーテルという名称で販売されています。

ただしアダルトグッズとしてではなく、医療機器として販売されているので尿道オナニーに使用する際は必ず自己責任で行ってください。

サイズはもっとも細い3号が2.5mmで、ここから5mm刻みで太くなり、10号は6mmとなっています。

 

Q: 尿道カテーテルは繰り返し使える?

A: 購入した際の尿道カテーテルは殺菌済みとなっていますが、使用直前にもう一度殺菌した方が確実です。

再度の利用はお勧めできません。

雑菌がつくだけでなく、ゴムの耐性が弱くなって途中で切れてしまう可能性もあります。

 

Q: 尿道カテーテル以外に尿道オナニーに使えるアダルトグッズは?

A: 今のところ、アダルトグッズの大手では尿道オナニー専用のグッズを開発、販売していません。

その理由は尿道オナニーに使うグッズでの快感が確立されていないこと、また使用した際のリスクを考えると開発に見合わないこと、などがあります。

小規模なアダルトグッズ開発メーカーではステンレス製でシルバーメッキ加工を行い、引き抜きやすいリングをつけたタイプを製造しているところもあるので、それらを試してみるといいでしょう。

ただし、こちらも必ず自己責任で使用してください。

 

Q: 尿道オナニーをする時、最初は綿棒を使うといいっていうけれど?

A: 綿棒はソフトなイメージがありますが、じつは綿の表面がわずかにささくれており、これが尿道に当たるとかなり痛みを感じさせます。

尿道オナニーに使うグッズはむしろ表面がすべすべしているもの(USBケーブルを加工して使う人もいます)がいいでしょう。

 

Q: 尿道オナニーでドライオーガズムを体感する事はできる?

A: 尿道オナニーでムズムズ感はあっても、それのみでドライまで達する人は稀です。

したがって尿道オナニーと併用してエネマグラを使うという方法があります。両方とも前立腺を刺激するのでドライに達する確率が高くなります。

 

Q: 尿道オナニーばかりしていたら尿が濁って膿が混じっているような気がする。どうしたらいい?

A: すぐに泌尿科へ行って診断してもらってください。

 

尿道オナニーに向いている人

探究心旺盛でドライオーガズムを体験したい人には向いていますが、清潔感に乏しく、雑な人が行うと痛いばかりか泌尿科のお世話になるハメになるので止めておいた方が無難です。

最後に。これは尿道オナニーを推薦する記事ではありません。

尿道オナニーは危険度のリスクが高いので止めておきましょう。もし行う場合は自己責任で行って下さい。

 

尿道オナニーで使うカテーテルの情報についてはこちら>>

コメント

  1. 中村 より:

    尿道オナニしたい

  2. 昨日よりのナナーシ より:

    やわらか歯間ブラシならいけるかと思ったが、わりかしアレ硬いし、何より短くて物足りない。入れたまま射精したら傷がついたのか排尿時に痛い。

    • onanisuta より:

      それは痛そうですね…。カテーテルのほうがまだ安全に楽しめるかもしれませんね。