会陰オナニーのやり方・方法まとめ ※どんな快感が得られる?

einonani

会陰オナニーとは?

会陰オナニーとは肛門と陰嚢の間にある会陰(えいん)という部分を刺激し、最終的に射精に至るオナニーの事を言います。

会陰オナニーのやり方・方法について

会陰オナニーはあまり一般的ではなく、すべての人が射精感を得られるものではありませんし、人によっては会陰で快感が得られないことさえあります。

逆に会陰に刺激を与え続け、経験を高めることによってドライオーガズムを得て何度も絶頂に達する人もいます。

ドライオーガズムがわからないという方は、「ドライオーガズムとは?」のページを参考にしてみて下さい。

ここでは会陰と同時にペニスに刺激を与える、ペニスオナニーを併用した方法を説明します。

1. ペニスから会陰部分までを完全に露出、つまり下半身を裸にします。

仰向けになり、足をM字型に開脚してください。最初はペニスを勃起状態にさせて、会陰部分を指で軽くマッサージするように片手でいじってください。

2. 陰嚢縫線(金玉袋の裏側にある筋)から続いているのが陰嚢縫線です。

ここを軽く指で刺激しましょう。ここは会陰神経の通っている場所であり、この奥には前立腺があります。

軽いマッサージで快感が得られない場合は中指を使って指圧しても構いません。

3. 長く会陰部分を刺激していると肛門の奥の方からジワジワとした快感が押し寄せてくるので、その快感の波に合わせるようにしてペニスをしごき、最終的に射精にまで持ち込みます。

4. 仰向けになって足をM字開脚する方法もありますが、四つん這いになり、顔を枕に埋めて尻だけを高く掲げ、片手を会陰部分に当てて刺激を行い、片手でペニスオナニーをするという方法もあります。

これは女性的オナニーの体位となるので、M気質、あるいは羞恥的オナニーを行いたい人向きです。

会陰オナニーのまとめ

会陰オナニーは、一般的なペニスオナニーでは物足りなくなり、未知の快感を体験したい人に向いています。

会陰オナニー経験者によると、このオナニーで得られる快感は射精ではなくドライオーガズムとのこと。

しかし会陰オナニーでドライに達するのは、かなり難易度が高いので、これからドライオーガズムを目指す人は、まずは前立腺オナニーにチャレンジする事をおススメします。

前立腺オナニー(アナニー)のやり方・方法についてはこちらを参考に>>