擦り付けオナニーのやり方・方法まとめ ※危険性やリスクも紹介

suritukeonani

ここでは擦り付けオナニーについてまとめています。

やり方や方法、リスクや危険性などについて紹介していますので、興味のある方はぜひ参考にしてみて下さい。

擦り付けオナニーとは?

擦り付けオナニーとは、着衣またはペニスを剥き出しにして、手を使わずペニスを好みの物に押し付け、腰を動かしてペニスをしごくオナニーです。

いわば擬似セックス的な方法で、擦り付ける対象は柱や机の角、洗濯機や冷蔵庫などなんでも構いません。

また床に擦り付ける床オナニーもこの部類に入ります。

抱き枕オナニーのように、枕やクッションに擦り付けるのも、その方法のひとつと言えます。

思春期になると、無意識のうちに行なっていたりしている事もあります。

ズボンを履いたまま、パンツ姿のまま、あるいはペニスを剥き出しにして、いろいろな場所に擦り付けることで快感を覚えます。

手軽な上に難しい技術介入がないので、誰でもできるオナニーですが、方法を誤ると危険性もあります。

擦り付けオナニーの魅力について

なんといっても腰を振ることで射精する擬似セックス的快感です。

また擦り付ける対象物によっては女性のヴァギナやアナルとは違った強い圧迫感があるので、射精まで導きやすいという特徴を持っています。

いろいろな対象物を選ぶことによって、それぞれ違った快感が得られるというのも魅力のひとつでしょう。

擦り付けオナニーのやり方・方法の紹介

擦り付けオナニーは簡単なので誰でもできますが、擦り付ける対象物をあまり固い物にするとペニスを傷つける恐れがあります。

最初はソフトな対象物を選びましょう。以下にそのやり方・方法を紹介します。

擦り付ける対象物を選ぶ。最初はクッションや丸めた座布団など圧迫感の少ないものが好ましい

始めは立位や座位、あるいは仰向けになって行い、ペニスへの圧迫感を減らす

そのまま射精してもいいようにコンドームを装着しておくか、あるいはパンツやズボンを履いてティッシュをペニスの先に当てておく

対象物をしっかりと抱きしめ、腰を激しく振ってペニスを擦り付ける

注意点としては、射精の際に精液をしっかりと受け止めるためのコンドームやティッシュを用意しておくことです。

この準備を怠ると対象物のクッションや座布団、あるいはパンツやズボンといった衣服を汚してしまい、その後の洗浄は賢者タイムに行わなければならないので辛いものがあります。

射精した後は余韻に浸れるように準備を整えておきましょう。

擦り付けオナニーの危険性・リスクについて

擦り付けオナニーは誰でもできる簡単な方法である反面、じつはいろいろな危険性やリスクを抱えているオナニーでもあります。

以下にそれらを記したので、擦り付けオナニーをする際は十分に注意しながら行なってください。

■ 最初は柔らかい対象物でも、次第に固くて圧迫感のある対象物が欲しくなる

■ 圧迫感を強めると、ペニスがその刺激に慣れてしまって膣内で射精が難しくなる

■ 圧迫感を強くすると、膣に挿入しても物足りなくて萎んでしまい、EDになることがある

■ 擦り付ける対象物があまりに固いと、ペニスの肌を傷つけることがある

もっとも注意が必要なのは、強い刺激が欲しくなって対象物を固くしていくことです。

床オナはその典型で、ペニスの圧迫感が高まるために快感度も増すのですが、実際のセックスではこのような圧迫感を味わうことがありません。

そのため、膣に挿入してもまったりとした快感しか味わえないことから射精障害、さらにひどくなると勃起不全に陥ることがあります。

また床オナを始めとする固い対象物に強く擦り付けると、亀頭や竿部分の皮膚を傷つけたり、内部の海綿体を損傷させたりすることもあるので、できるだけ固い対象物を使うのは避けるようにしましょう。

擦り付けオナニーのQ&A

Q: 作動させている洗濯機で擦り付けオナニーをしているけれどクセになりそう。止めたほうがいい?

A: 基本的には止めたほうがいいです。

どのくらいペニスが圧迫されているのかわかりませんが、その圧迫の強さによっては、床オナのように射精障害のリスクがあります。

アダルトグッズにも、亀頭責めグッズや、A10サイクロンSAのような回転系グッズがあり、実際のセックスでは味わえない快感が得られています。

洗濯機の振動で射精できているなら、それらの専門のアダルトグッズを活用する事をおススメします。

もし行うのであれば自己責任で、洗濯機は表面が固いのであまり強く擦り付けず、回数もあまり頻繁にならないように注意してください。

また、ペニスの振動系の刺激が好きであれば、「激震!オナリズム」という振動刺激専門のアダルトグッズがあるので、そちらを使ってみると良いですよ。

Q: 床に擦り付けるオナニーを繰り返していたら、ペニスをしごくオナニーで射精できなくなった。どうしたらいい?

A: 擦り付けオナニーのリスクは膣内射精障害だけでなく、一般的なペニスオナニーでも射精できなくなる可能性があります。

床オナでは射精できるのですから、まず床オナを中止、さらにオナ禁も行なって精液をたっぷり溜め込んでください。

そして欲求不満がピークに達した時、ペニスをしごいて射精に導きましょう。これを繰り返せば元に戻るはずです。

Q: 擦り付けオナニーを安全に行う方法ってある?

A: もっとも安全な方法はペニスにオナホを被せ、その上からパンツを履いて擦り付けることです。

これなら多少、固い対象物でもオナホがクッションになってくれるので圧迫感が減少するため、射精障害に陥る可能性が少なくなります。

ただしローションの漏れだけには注意してくださいね。

擦り付けオナニーのまとめ

擦り付けオナニーは方法さえ間違えなければ、リアルなセックスの感触に近い快感が得られ、しかも手頃に行えるので万人にオススメできるオナニー方法でしょう。

最近はアダルトグッズにもいろいろな抱き枕があり、中にはオナホ専用の穴まで開いているタイプまであります。

擦り付けオナニーを頻繁に行うのであれば、これらのアダルトグッズを使えば、安全かつ快適なオナニーライフを送ることができるでしょう。