禁欲オナニーのやり方・方法まとめ ※オナ禁後の射精が最高w

 

kinyokuonani

 

性欲が溜まり、オナニーがしたくてたまらず、やっとオナニーをした瞬間の興奮や射精の気持ち良さはハンパではありません。

禁欲オナニーはこれを意図的に行う方法です。

以下にそのノウハウを紹介しましょう。


禁欲オナニーとは?

一定期間、セックスはもちろんオナニーも禁止し、性欲が限界まで達した時にオナニーする方法です。

もしオナニーを定期的に行なっているのであれば、最初は1回我慢、次は2回我慢するなど禁欲期間を少しずつ伸ばしていくようにしましょう。

不定期に行なっている人であれば「オナニーでもするか」といった気分の時は絶対に我慢すること。

街行く若い女性だけでなく、熟女を見ただけでも股間がうずくくらいまで禁欲することをオススメします。

 

禁欲オナニーの魅力について

 

禁欲オナニーの魅力は以下になります。

■ 射精した時の快感が半端ないほど気持ちがいい
■ マンネリ化していたオナニーが新鮮になる
■ 射精した後に訪れる賢者タイムが弱まり、幸福感が訪れる
■ 射精不可能と思われたオナニー方法で射精できる可能性が高まる

 

精液と精子をたっぷりと溜め込んだ時の射精感は、脳天を突き抜けるほどたまらなく気持ちがいいです。

ドバドバと溢れる精子の躍動を感じる事ができ、射精後は何事にも代え難い幸福感に包まれます。

定期的にオナニーをしているとどうしてもマンネリ化してしまい、新しい刺激剤やオナニー方法を求めがちになります。

しかし、禁欲すると性欲がつねに高まって古い刺激剤でもカンタンに射精することができ、新鮮な気分を味わうことができるでしょう。

また禁欲がピークに達するとペニスに触れるだけでも射精感が高まります。

チクニーではいけなかった、手放しオナニーでは射精できなかったという人も、それらのオナニーで絶頂を味わう可能性が出てきます。

男の最終目標とも言われるドライオーガズムも夢ではありません。

 

禁欲オナニーのやり方・方法の紹介

 

禁欲の期間と決行日を決める
その間、できるだけ刺激剤を見ない、使わないことを心がける
精子や精液を増やすためにタンパク質やサプリメントを摂取する
決行日まではどの刺激剤を使うか、あるいは器具を使うか事前準備をする
決行日に思いっきり射精する

 

禁欲オナニーは技術的介入がないので物理的には誰でも行えます。

しかし、精神的にはかなり強靭な意思が求められることになるでしょう。

意思が弱いと思っている人は鍛錬にもなるので、ぜひ挑戦してください。

禁欲の期間に関しては自分のオナニーペースを基本に決めましょう。

1週間に2回行なっていたのであれば、1週間は完全に禁欲、少しずつ禁欲期間を延ばして禁欲のピークを見極めましょう。

 

禁欲オナニーの危険性・リスクについて

 

禁欲オナニーの危険性やリスクは以下になります。

■ 禁欲中は物事に集中できないことがある
■ 禁欲のピークを過ぎると性欲が減退することがある
■ 禁欲オナニーをし過ぎると性欲が少しずつ減退する
■ 禁欲中にセックスを求められると応じなければならない状況になる

 

禁欲オナニーにおける最大のリスクは、禁欲のピークを誤ると性欲が減退することです。

精液と精子は定期的に出していると、その期間に合わせて増産されます。

しかし禁欲して射精しない期間が長くなると精液と精子の在庫があるため、増産を行わなくなります。

この増産と在庫の関係が性欲を高めるわけですね。

分かりやすくいうと、嗜好品を我慢している期間がもっとも辛く、ある程度過ぎれば嗜好品を欲しがらなくなることと同じです。

これは禁欲のピークだけでなく、禁欲オナニーを何度も続けると、それだけ増産作業が止まりがちになっていきます。

そのため、年月の経過と共に性欲が少なくなり、精液や精子の増産能力も衰えてしまいます。

ですので、禁欲オナニーは適度に行なってください。

 

禁欲オナニーのQ&A

 

Q: 射精しなければシコっても大丈夫?

A:  ダメですね。射精しなくてもオナニーすれば性欲が満たされる場合があるので、オナニー自体禁止したほうが良いです。

また、精子をパンパンに溜め込んでいると、寸止めにするつもりでシコシコしていても、精子の勢いに歯止めがかからず、ドバドバとうっかり射精してしまう事があります。

それだと凄く中途半端なオナニーになってしまうので、やるのであればオナニー自体禁止にしたほうが良いですよ。

 

Q: 禁欲を続けていたらイライラして仕事に集中できない。決行日前だけれどオナニーしていい?

A: 日常生活に影響が出るようであれば、むしろオナニーした方が健全な毎日を送れるでしょう。無理をせずに射精してください。

ただし決行日前にオナニーしてしまうと射精後の賢者タイムで後悔の念にかられることがあります。

決行日まで我慢すれば強い快感や多幸感と同時に達成感も得られるので、次回はできるだけ決行日まで頑張りましょう。

 

Q: オナ禁止後のオナニーは何でもいいの?例えばチクニーや前立腺オナニーでもOK?

A: もちろん構いません。オナニーは自分のもっとも興奮するやり方で行いましょう。

禁欲オナニーはペニスに触らず射精できたり、トコロテンやドライオーガズムを体感できるチャンスでもあります。

 

Q: 禁欲解禁後、オナニーが止まらなくなった。どうしたらいい?

A: 禁欲後は性欲が解放されてわずかな刺激でも興奮材料となります。

したがって連続的なオナニーも可能になりますが、やはり精液と精子を出し過ぎると倦怠感や無気力に陥りやすくなります。

禁欲オナニーの後は定期的なオナニーに戻す努力をしましょう。

 

禁欲オナニーのまとめ

精力、という言葉で表されるように精液や精子は男のパワーの源です。

これを貯め込むことによって朝の目覚めが快調になったり仕事や勉強をバリバリこなせるようになります。

禁欲期間は確かに辛いのですが、それを多方面にベクトルを向ければ有意義な毎日を送れると同時に、決行日までワクワクした気分に浸ることができます。

禁欲オナニーは決行日の射精快感だけでなく、決行日までの待ち焦がれる時間も含まれているのです。