金玉袋オナニー(タマニー)のやり方・方法まとめ ※キンタマで射精ワロタw

 

kintama500

 

ここでは金玉袋オナニー(タマニー)の特徴や、やり方・方法、リスクなどを紹介していますので、タマニーをする際の参考にしてください。

 

金玉袋オナニー(タマニー)とは?

金玉袋オナニー、略してタマニーは金玉が収納されている袋、陰嚢(いんのう)とその周辺を刺激してペニスをしごかずに射精するオナニーです。

通称、金玉袋と呼ばれている陰嚢の中には精子を作り出す器官が入っています。

オナ禁を続けていると陰嚢がパンパンに膨れますが、これは精子を生産し続けて満杯になっている状態です。

生産過剰になると中枢神経が古い精子を排出させようとするので、ペニスオナニーすると早漏気味に射精してしまうわけです。

タマニーはこの生産過剰状態を利用して、陰嚢やその周辺の性感帯だけを刺激、ペニスをしごかなくても射精できるオナニー方法です。

ペニスオナニーのダイレクトな刺激と違い、女性が愛撫されて悶えながら絶頂を迎えるような焦れったさと優しい快感に包まれたオナニーとなります。

 

金玉袋オナニー(タマニー)のやり方・方法の紹介

 

初期段階ではオナ禁して精子をたっぷり陰嚢にためる
陰嚢とその周辺を愛撫しながら肛門を締める
初期段階では射精感が強まったらペニスをしごいてもいい
慣れてきたらペニスをしごかず陰嚢だけで射精する

 

タマニーは誰でもすぐに射精できるというわけではありません。

個人差はありますが、射精までは時間と経験を要するので焦らず陰嚢を弄る快感に身を任せて、じっくり取り組んでください。

以下にタマニーで射精するまでの段階を解説します。

 

初期段階ではオナ禁して精子をたっぷり陰嚢にためる

ペニスオナニーと違い、タマニーは陰嚢とその周辺の愛撫だけで射精するので強い性欲が必要です。

最初はできるだけオナ禁して陰嚢に精子を貯めましょう。

精子が生産過剰になると本能的に射精したくなるので、前立腺や精嚢から精液が出やすくなります。

 

陰嚢とその周辺を愛撫しながら肛門を締める

タマニーでもっとも大切なのが愛撫するポイントと愛撫の仕方です。以下にそのポイントを紹介しましょう。

 

■ 陰嚢の裏筋
■ 陰嚢の左右にある太腿の付け根部分
■ 陰嚢と肛門の間の会陰部

 

これらのポイント、じつは回春のツボでもあるのです。

とくに陰嚢の左右にある太腿の付け根部分は陰慶といって押すだけで中枢神経が刺激され、勃起を促進します。

太腿の付け根を触っていき、押すと気持ちいいポイントがあったら、そこが陰慶です。

愛撫の仕方ですが、陰嚢とその周辺は末梢神経が集中しているので激しく弄る必要はありません。とくに陰嚢全体は男の急所でもあるので優しく触りましょう。

裏筋は爪で軽く掻くようにしたり指でサワサワ弄ったりして、射精感が強まってきたら軽く握り、精子を押し出すようにしましょう。

陰嚢を愛撫で刺激する際、ローションやアダルトグッズを使用するとさらに快感度が高まります。

とくに「テクニカルタン」や「舌でお手伝い」など愛撫専用アイテムを使うと女性の舌で舐められているような気分に浸れます。

肛門を引き締めるのは前立腺を圧迫するためです。

緩めたり引き締めたり、とリズミカルに繰り返すことで前立腺から精液が送られやすくなるので、フィニッシュの時はできるだけ強く引き締めてください。

 

初期段階では射精感が強まったらペニスをしごいてもいい

最初からタマニーだけで射精するのはかなり難しいので、慣れてくるまではペニスオナニーを併用してもかまいません。

ただしメインはあくまでタマニーなので、最初からペニスをしごかず絶頂が近づいてきたらフィニッシュの時だけ手を添えるようにしましょう。

タマニーの前提はオナ禁なので、ペニスをしごき出すと簡単に逝ってしまいます。

むしろ陰嚢とその周辺の愛撫でなかなか逝かないもどかしさで気持ち良くなりましょう。これは早漏の予防トレーニングとしても役立ちます。

 

慣れてきたらペニスをしごかず陰嚢だけで射精する

陰嚢とその周辺愛撫で性感が増してきたらペニスしごきの回数を減らしていき、最終的にタマニーだけで逝けるようになれば成功です。

ペニスオナニーよりも精子の放出が激しいので高い快感を得られるでしょう。

金玉袋オナニー(タマニー)の危険性・リスクについて

陰嚢には睾丸が収まっており、精子を貯蔵する精巣上体や精子を送り出す精管などもあって複雑な構造をしています。

しかし陰嚢周囲には筋肉も脂肪もないので外的ショックに弱く、またペニス尿道から侵入するウイルスにも耐性がありません。

したがってタマニーをする際はできるだけ陰嚢を優しく触り、手を清潔に保っておくことが求められます。

汚れた手によってウイルスが侵入すると精巣上体炎になりやすく、強く握り過ぎると激しい痛みと同時に吐き気を催します。

睾丸炎を始めとして精巣に関する病気にかかると精子を生産できなくなる可能性があるので、衛生面と弄る強弱には注意しましょう。

 

金玉袋オナニー(タマニー)に関するQ&A

 

Q: タマニーで射精するってどんな感じ?

A: ペニスオナニーは皮の上下運動を止めることで射精を制限できますが、タマニーは射精が近づくと我慢できなくなり、まるで自分以外の誰かに弄られて強制的に射精するような感じですね。

ただし射精までの感覚はチクニーにも似た愛撫的な快感があるのでペニスオナニーよりも没頭できるでしょう。

またオナ禁しているために精子の量が多くなるので、射精する時、尿道を押し広げる感覚が衝撃的です。

 

Q: 陰嚢愛撫だけではどうしても射精できない。どうしたらいい?

A: 陰嚢だけでは射精できない、ということは陰嚢愛撫しながらペニスオナニーをして射精ができているわけですね。

その射精の瞬間に陰嚢を軽く握る、肛門の開け閉めを強く繰り返す、などの射精トリガーを作り出しましょう。

中枢神経がトリガーを覚えるようになるとペニスをしごかなくても射精できるようになります。

 

Q: タマニーはどんな体勢でしたらいいの?

A: 基本的にどのような体勢でしても構わないので、自分の好きな体勢で行なってください。

オススメは四つん這いになって腰だけを高く突き上げるポーズです。

自分で陰嚢を愛撫しているところが見えず、しかも肛門を晒しているので誰かに弄られているような気分になり羞恥心が高まります。

実際、風俗の回春マッサージではこのポーズをさせられて陰嚢や周辺のツボをマッサージされます。

またこのポーズは前立腺や精嚢が上に来るので精液を出しやすくなるというメリットがあります。

 

Q: タマニーと一緒にチクニーとかアナニーをしてもいいの?

A: もちろん構いません。

オナニーは自分が気持ちよくなれば方法はなんでもいいわけですから、チクニー(乳首オナニー)や、アナルオナニーなどの前立腺刺激と組み合わせてもいいでしょう。

これらのオナニーはペニスをしごくわけではないので、タマニーによる自然な射精体験も味わうことができます。

またペニスオナニーを併用する際、ペニスにオナホを被せたままオナホを動かすことなく、ジワジワ刺激で射精するというのもタマニーの派生方法のひとつで、気持ちが良いのでおススメです。

タマニーにもおススメのオナホールはこちら>>

 

金玉袋オナニー(タマニー)のまとめ

陰嚢は男に取って、陰茎と並んでもっとも大切な器官のひとつです。

タマニーをする際は大切な器官であることを理解し、優しく扱うことを忘れないようにしてください。

なお、陰嚢は暑い時期になると皮を伸ばして睾丸を冷却しますね。

したがって夏場よりも冬場の方が快感が高くなり、熱い手よりも冷たい手の方が効果的です。

手を多少冷たくする、あるいはローションを使うと他の人の手で弄られているような感覚になって、より楽しめるのでおススメです。