女装アナニー(アナルオナニー)のやり方・方法まとめ ※男娘の肛門遊び

jyoseouanaru500

 

女装アナニーとは?

女装アナニーとは男性が女性の服、または下着をつけて、アナルオナニーをする行為の事です。

アナルオナニーは肛門挿入と前立腺刺激を混同することがよくありますが、前立腺刺激のほうがより刺激の強いオナニーになります。

女装アナニーは、肛門弄りや、擬似ペニスを挿入することで、まるで女性になった感覚で、非日常的な性的興奮と快感を得る事ができます。

アナル刺激は、一般的なペニスオナニーのような射精感がないので、長時間、快感の波に身を任せていられるのが特徴のひとつでしょう。

女装趣味には2つの快感があります。

1つは男性としての日常からの解放、もう1つは自分の女装を見ることで陶酔し、人から見られることで喜びを感じるということです。

両方には明確な線引があるわけではなく、どちらに趣きが大きく置かれているかというだけで、アナニー+女装趣味=ゲイというわけではありません。

 

女装アナニーのやり方・方法について

女装については個人的な趣味があるので好きな服装、下着を選んで着用しましょう。

女装、おとこの娘コスチューム&グッズ探しはこちらを参考に>>

 

以下、女装アナニーの方法について説明します。

 

■ 初心者は指で肛門を弄ってよくほぐす
■ アナル拡張プラグで肛門とアナルを拡大しておく
■ 自分のアナルサイズに合わせてディルドやバイブを購入、アナルに挿入する
■ その姿を見られる等身大の姿見や自撮り棒があれば、尚可

 

「これからアナルオナニーを始めたい」というまったくの初心者は、アナルオナニーや前立腺オナニーの手順をしっかり把握してからスタートしてください。

アナル内の洗浄やアナル拡張がとても重要で、これを怠ると楽しいアナニーができなくなります。

女装でアナニーをする際、全身が映る姿見があると興奮度が増大します。

お尻を高く掲げ、肛門からディルドが入るところを自分で見れば、まるで自分が犯されているような気分になれるでしょう。

同時に自撮り棒でその姿を撮影するというのも有効な手段です。

肛門へ挿入するアダルトグッズ類はディルド、またはディルド型のバイブ、前立腺グッズや前立腺バイブがオススメです。

前立腺刺激は上手くいけばドライオーガズムを体感する事もできるので、より女装アナニーが楽しめますよ。

また、アナルグッズなどを挿入する際には、アナル専用のローションを使うようにして下さい。

一般的なポリアク系に比べて潤滑力と持続性が長いので、途中で補給する必要がありません。

女装用のコスも含め、これらの商品はアダルトグッズのネット販売大手、NLSに全て揃っており、品数や種類も豊富なのでお気に入りのアイテムを見つけることができます。

 

前立腺オナニーの詳しいやり方・方法についてはこちらを参考に>>

普通のアナルオナニーはこちらを参考に>>

 

女装アナニーの危険性・リスクについて

 

■ 女装趣味が周囲に分かってしまうと理解しない人が出てくる
■ カミングアウトしない限り、女装趣味がバレるのではないかとつねに心配する
■ 女装アナニーをしているとゲイになるのではないか、と心配する
■ アナルの拡張を続けていると肛門が緩くなる
■ 肛門が緩くなるとさらに太いディルドが欲しくなることがある
■ 無理に太いディルドを入れると肛門が裂傷する恐れがある

 

女装は固定観念、道徳観念の強い人には理解されにくい趣味です。

実際には社会的地位が高く、固定観念や道徳観念の強い人が陥るという、アンビバレンツの側面を持っていますが、やはり女装に手を染めていない人から見たら変態扱いされかねません。

女装は今の日本でかつてほど偏見されていないので社会的地位を失う、などということはほとんどありませんが、それでも親しい人が離れていく、引いていくなどの可能性はあります。

カミングアウトしないのであれば個人だけで、あるいは同好者との間だけで楽しむ方がいいでしょう。

肛門と直腸、いわゆるアナルは大便を排泄する器官なので膣のように挿入をスムーズにする機能が備わっていません。

そこにディルドなどを挿入するワケですから十分な注意が必要です。

とくにローションを使わず、あるいは不十分でディルド等を挿入すると肛門が切れ、オナニーどころではなくなります。

また肛門拡張を続けていると肛門が緩くなり、大便の我慢が難しくなります。

アナニーの上級者になると成人用オムツをつけている人も珍しくありません。

そこまでのリスクは冒したくないというのであれば、欲求を我慢してアナニーの回数を減らしましょう。

肛門は拡張しても時間の経過と共に元のサイズに戻ります。

 

女装アナニーのメリット・デメリット

 

メリット
■ 女装することで男性としての自分から一時的に解放される
■ アナニーすることで新しい性的興奮を感じることができる
■ 女装の愛好家と知り合うこともでき、自分の姿を他の人に見てもらうことができる

 

デメリット
■ 女装やアナニーのための準備に時間と費用がかかる
■ アナルが緩むと外出先でもつねにトイレの心配をしなくてはならない
■ 射精するペニスオナニーへの興味が薄れる

 

メリットは女装することの背徳感や、非日常性が味わえて、興奮が高まり、強い刺激が味わえる事でしょう。

男性としての責任感や社会的地位の高い人ほど、その責務から解放されたいという欲求が強く働きます。

女装することで一時的にその責務から逃れることができるため、ストレスを解消できるでしょう。

またアナニーはペニスオナニーとは違った、新しい快感を体験することができます。

ペニスオナニーとは違い、射精がないので長く続けることもできますし、想像のシチュエーションや性的興奮の盛り上がり具合では短時間でも済ませることが可能です。

アナニーは想像力が求められるので、妄想好きな人には最適なオナニーです。

デメリットとなるのはやはり女装とアナニーを併用する時、準備に時間がかかることです。

もちろん簡単に済ませることもできますが、やはり本格的に行うとなると絶対的に1人の時間が長く取れる時にしかできません。

ただし、時間に余裕がある時はこの面倒な準備時間もオナニーの楽しみのひとつとなるところが特徴です。

アナニーを覚えた人によると、その快感は射精と比べ物にならないほど高いと言います。

そういう人はペニスオナニーをしなくなる傾向にあるので、これはリスクにも通じますが、妻や彼女とセックスしたい、ペニスオナニーもしたい、というのであればアナニーの回数は控えるようにしましょう。

 

女装アナニーのQ&A

 

Q: 女装すると何が気持ちいいの?

A: 個人差はありますが、変身願望は誰もが持っているものです。

ウルトラマンやスーパーマンものもヒーローになりたいという変身願望のひとつです。

その変身願望が女装というだけで、女装することによってカタルシスを得ることができるのです。

 

Q: 肛門や直腸にディルドみたいな太いグッズを入れて気持ちいいの?

A: 性感帯はペニスや膣だけでなく、全身のさまざまな部位に存在しています。

とくに皮下脂肪がなく抹消神経が集中しているところは性感帯として発達する可能性が高くなります。

男性の乳首はそのいい例でしょう。肛門も末梢神経が集中しているので性感帯になり、ディルドなどで広げることによって快感が高まります。

 

Q: アナニーをしていて生ペニスが欲しくなったらどうするの?

A: 実際にアナニーを続けていくうちにゲイまで行き着いた人もいます。

生ペニスの快感はアナニーを上回るといいますが、やはり男性に抱かれることに抵抗感を覚える人もいるでしょう。

最近はアナニー用のアダルトグッズが著しく進化しており、生ペニス以上の快感を与えてくれるものもあります。

男性に抱かれることはどうしてもイヤ、という人はこれらを使ってから、もう一度、自分の意思を確かめてください。

 

女装アナニー(アナルオナニー)のまとめ

女装アナニーは男のオナニーの中でもかなり特殊で、万人が挑戦してみたいと思う行為ではありません。

しかし変身願望は誰にでもあり、新しい快感はオナニーファンであれば興味があることでしょう。

試しに女性用ショーツを着用し、肛門を指で弄ってみてください。その際、女性的な悶え声なんか上げてもいいですね。

ちょっとでも快感があれば、女装アナニーの素質あり、です。

最後に、前立腺オナニーのやり方と、女装、おとこの娘グッズを通販で購入できるおススメのショップを紹介しておきますので、以下を参考にしてみて下さい。

 

女装、おとこの娘コスチューム&グッズ探しはこちら>>

前立腺オナニーのやり方・方法についてはこちら>>