男の潮吹きオナニーのやり方・方法まとめ ※危険なほど気持ちがいい秘法

潮吹き2

男の潮吹きオナニーとは?

比較的新しいオナニー方法で、一度射精した後、強制的にペニスをしごくことで女性と同じような潮を尿道から吹き出すというオナニーです。

個人差があり、誰でもすぐに潮を吹くというわけではありません。この辺も女性の潮吹きと同じですね。

潮吹きオナニーは解明が進んでおらず、M性感マッサージの風俗店から始まったといわれており、吹き出す潮が精液なのか尿なのか、それともそれら以外なのか、今のところはっきりとは分かっていません。

男の潮吹きの気持ちよさはドライオーガズムや射精とも違い、尿を限界まで我慢した後に放尿する快感に近いと言われています。

女性の場合、Gスポットを二本の指で掻き出すような刺激を繰り返すと潮を吹き、絶頂に達しますが、男の潮吹きは射精後に行います。

個人ではなかなか難しいので、手っ取り早く体験したい方は、最近流行っている男の潮吹き風俗に行き、風俗嬢のテクニックを参考にすると分かりやすいでしょう。

風俗嬢曰く「すべての男性が潮吹きをするわけではない」とのことなので、潮を吹かなくても落ち込む必要はありません。

以下、男性の潮吹き動画です。15秒当たりから潮吹きが始まります。

男の潮吹きオナニーのやり方・方法について

まず、潮吹きオナニーには色々なやり方・方法が存在します。

尿道オナニーでも潮を吹く方もいますし、亀頭を手のひらで撫で回す方法や、カリの部分を刺激する方法など色々あります。

ここでは割と一般的なスタイルである、亀頭のカリ部分を中心に責めるやり方・方法について説明したいと思います。

ニュアンスとしては射精後に亀頭責めオナニーをするイメージに近いです。

用意する道具はタオルだけ。個人差で潮が激しく吹き出し、1mほど飛ぶ人もいるので、一応、男の潮吹きオナニーを体験しようと思ったら周囲を汚さないように仰向けになり、体の下にシーツを敷いておいた方がいいでしょう。

個人差はありますが、男の潮吹きは肛門括約筋が強く働くため、潮を拭いた後は一気に肛門括約筋が緩む場合があります。

緩んでしまえば当然、大便が出やすい状況となって周囲を汚す危険性があるので、事前に大便、それから排尿をしておいた方が賢明です。

以下、潮吹きオナニーの手順になります。

1. まずペニスオナニーを行います。

潮吹きが目的であり、射精することが目的ではないので、できるだけ手コキのスピードを高速化し、さっさと射精します。

2. 重要なのは射精の後。

一般的なペニスオナニーで射精をすると幸福感に包まれて一時的に性欲を失う『賢者タイム』に入りますが、潮吹きを敢行するためには賢者タイムに入ろうと、ペニスをしごき続けます。

その際、ペニスのカリ部分を重点的にしごくと効果があるといいます。

3. しごき続けていると、やがて股間がむず痒くなり、体中の血液がペニスに集まるのではないか、と錯覚するほどペニスに意識が集中、それから小便のように勢い良く尿道口から潮が吹き出します。

潮吹きオナニーやり方の解説

男の潮吹きは一度、射精した後が本番となります。

射精に関しては個人の自由でかまいませんが、経験者の話によればできるだけ射精を我慢、寸止めを繰り返した方が効果的といいます。

どうしても我慢できなくなって射精をした瞬間、すっかり精液を出し尽くした後、亀頭を中心に指で刺激を繰り返します。

射精をした後は普通、陰茎や亀頭部分をいじると腰が引けるくらいの刺激が伝わりますね。

痛いというわけでもないのですが、けっして気持ちいいというのでもなく、敏感な部分を強引に触られる痛気持ち良さ、とでもいう感覚。

M性感マッサージで男の潮吹きをリクエストすると、男ではなかなかできない、射精後の亀頭責めを容赦なく行ってきます。

オナニーで男の潮吹きを行う場合、どうしても射精後の幸福感からペニスをいじる時も優しくなってしまいますが、目的は射精ではなく潮吹きなので、自分に対して容赦ない姿勢が大切です。

したがって射精後、たとえぐったりしていても自分を奮い立たせ、痛気持ち良さを我慢して亀頭、とくに尿道部分を中心に強めにしごきます。

最初はかなりの苦痛を感じますが、それを我慢することも快感につながっていくので、自分を虐めるつもりでしごいてください。

もしチンコが完全にしぼんでしまい、なかなか上手にできないという人は、ペニスの興奮状態を維持するために、チクニー(乳首オナニー)をしながらやるとより効果的です。

やがて尿道に苦痛を開放するような快感が訪れると同時に、尿道から透明な液が飛び出してきます。

今のところ、射精直後にペニスをしごくということ以外に確立されていないオナニーでもあるので、いろいろと試してみて自分なりに男の潮吹きオナニーを会得するというのも、このオナニーの楽しみ方のひとつと言えます。

文章にすると簡単ですが、実際は射精後にペニスをしごくのは男としてかなり辛い作業です。

しかし潮を吹いた体験者の話によると、もうこれ以上しごくと死ぬかも!という限界を超えた辺りからむず痒さが始まると言います。

潮吹きオナニーはまさに自分との戦いです。

ペニスをシゴいてる途中で、あまりの刺激の強さに「もう限界!」と自分で手を止めてしまう為に、実際に体験したという人は少ないのが現実です。

そんな難易度が高い潮吹きオナニーですが、一人でも、道具を使ってもっと簡単に潮を吹ける方法を見つけましたので、興味のある方は以下のページも参考にしてみて下さい。

男の潮吹きオナニーを簡単にやる方法を見つけたw ※イキまくり注意

男の潮吹きオナニーのよくある疑問や不安について

Q: 射精後に必ず潮を吹くの?

A: 女性でも同じですが、現在のところ、女性でも同じですが、潮を吹くというのは誰でも起きる現象ではありません。

誰でも吹くわけではなく、また確実に潮を吹くというテクニックも確立されていません。

方法が正しくても潮を吹かない場合があります。

ただし潮を吹かなくても射精や排尿とは違った快感が訪れるならば、男の潮吹きオナニーとしては一応、成功していると言えます。

違った快感を少しでも覚えた場合は焦らず、何度か繰り返していれば潮を吹く可能性が高くなります。

Q: 潮って小便とは違うの?

A: 女性の潮が愛液や小水とは違った成分であることが確認されているように、男の潮も今のところ小便や精液とは違った成分と言われています。

Q: 射精後、どのくらいしごいたらいいの?

A: およそ2〜3分を目安にしてください。

3分でもかなりペニスが気持ちいいと同時に痛みを覚えますが、それ以上続けているとペニスの皮が晴れることもあります。

1回で必ず潮吹きをしようと思わず、日を開けて何回か挑戦するようにしましょう。

Q: 射精した後は、勃起が持続しないでペニスが柔らかくなってしまうけど、それでも続けるの?

A: 男の潮吹きオナニーを実践したけど、快感が得られないので止めてしまう理由のひとつですね。

柔らかくなったペニスがまだ刺激に敏感な状態であれば、そのまま続けると潮を吹ける可能性もあります。

しかし、ペニスのテンションが完全に落ちてしまって、亀頭を刺激しても何も感じないのであれば、これ以上刺激しても無駄なので、一旦あきらめるべきですね。

またペニスが元気な日に再チャレンジしたほうが良いです。

しかしやり過ぎるとペニスが擦れすぎて痛んだりする場合があるので、自分の体と相談しながら無理せず行う事が大切です。

男の潮吹きオナニーに向いている人

M性感風俗マッサージ店から発祥しただけに、やはりM体質の人には最適のオナニー方法といえます。

射精後の痛気持ち良さはSでもMでも変わりありませんが、その感覚を我慢してしごき続けるのは、肉体的加虐に対して快感を得られる人の方が大きな興奮が訪れることは間違いありません。

また、いろいろなオナニー方法を追求する好奇心旺盛な人、新しい快感に貪欲な人にも適した方法といえます。

男の潮吹きオナニーは射精のように突き抜ける快感を持ちながら、我慢し続けた小便や大便を一気に排泄する開放感にも似た感覚といいます。

それまでに経験したことのない新鮮な快感を体験することができるでしょう。

男の潮吹きを味わうと、それまでの射精の快感が子供騙しに思えるほどの興奮が襲ってくるといいます。

したがってオナニーをいろいろ研究して開発し尽くした人は最適でしょう。

男の潮吹きにおススメのオナホールはこちら!気持ちよ過ぎワロタw>>

コメント

  1. しゅうきち より:

    射精しなくても潮は噴きますよ。射精するとはちがう快感です。射精しないから何回でもイキます。

  2. ナベ ノブ より:

    僕もこのやり方で潮をふきました。くすぐったいのが先に来ますが我慢してしごくことで快感が得られます。嘘だと思ったらまず実行あれ❗

  3. 熟女 より:

    風俗勤務です。
    射精したあとにくすぐったい方は潮吹きしにくい、と言うか「もう無理!」とストップかかる事が多いです。
    射精後に弄り続けてくすぐったくない方は100%潮吹きされますね。
    潮吹き後は皆さんグッタリ(放心状態)されていますので、お店で経験される方は回復する為のお時間に余裕をもって挑まれる事をお勧めします。

  4. 匿名 より:

    あんなに水分を貯めておけるのは膀胱しかない