オナホールには危険性ってある?ペニスに与える影響や使うリスクなど

 

 

Q: オナホールには危険性ってある?ペニスに与える影響や使うリスクなど

A: 誤った使い方をしない限り、オナホに危険性はなく、ペニスに与える影響もありません。

しかし、正しい使い方をしないとペニスに悪影響を与えることもあります。

例えば、オナホを使った後に洗浄せず、それを何度も使用するなど。

当たり前の話ですが、使用後は清潔に保つようにしないと、オナホに菌が繁殖して、それを使うとペニスに菌が付着し、病気になるリスクが発生します。

なので、オナホールで安全に気持ちよくなるためにも、正しい使い方をマスターして、オナニーライフを楽しむようにしましょう。

オナホールを使用する時はあくまで自己責任ということになりますが、日本企業のオナホメーカーは安全性に対して自主基準を設けているため、誰でも安心して使うことができます。

ただし、前述したようにオナホには正しい使い方をしないとペニスに損傷を与えることがあります。

以下にオナホールでペニスを痛めない為の、最低限の使用上の注意点を紹介するので参考にしてください。

 

オナホール開封時は1度洗浄してから使用する

ハンディオナホを購入すると、すぐに使いたくなるのが人情というものですが、まずはペニスを突っ込むホール内を確認しましょう。

開封後のオナホには油分の滲みを防ぐパウダーがまぶしてあり、さらさらの表面をしていますが、このパウダーは赤ちゃんのお尻などにも使われるパウダーと同じ成分なので肌に触れても問題はありません。

ただし、ホール内に不純物が混入したままペニスを突っ込むとケガをすることもあるので確認が必要です。

ホール内がザラザラしている(構造上ではなく表面的に)なと感じたら、それは剥離剤です。

オナホは金型に入れて熱で生成するため、金型から剥がすために剥離剤を使います。

現在、ほとんどのオナホは剥離剤を除去して梱包しますが、稀に剥離剤がついたままの商品もあるので、使用する前は一度、洗浄した方が無難です。

 

オナホールを使う際は必ずローションを一緒に使う

オナホを使う時にローションを併用するのは、すでに常識ですね。

ローションは膣内のねっとり感を再現するだけでなく、ペニスとオナホの潤滑剤なので、これを使わないとホール内の突起でペニスを傷めてしまいます。

必ずローションを適量入れてからの使用が原則ですが、問題は付属しているローションを使い切った後のこと。

自分でローションを購入する際、いろいろなローションタイプがあるので迷ってしまいます。

初心者の場合、ぺぺに代表されるもっともオーソドックスなポリアク系ローションがお勧めです。

水やお湯で自分好みの粘り気を作り出せ、価格も安価です。

ただしポリアク系は水分を吸収する働きがあるので長時間、オナホで使っていると乾いてくるため、途中で補充する必要があります。

この途中補充が面倒であればシリコン系など長時間使用しても耐久性のあるローションを選びましょう。

ローションに消費期限が表示されていることはほとんどありません。

しかし長期間保存していると品質変化する可能性があります。

冷蔵庫など安全性の高いところであっても6ヶ月前後、温度差が生まれる部屋の中に保管している時は3ヶ月前後を目安に使い切ってください。

とくに水やお湯で希釈したローションは雑菌が繁殖しやすいので気をつけましょう。

 

オナホールを使った後は必ず洗浄する

オナホが人体に影響を及ぼす可能性として、もっとも高い危険性を潜ませているのが使用後です。

コンドームをつけずに非貫通型に射精すれば、ホール内はタンパク質の宝庫です。

そのまま放置すると雑菌が繁殖するのは目に見えていますね。

カビが発生すると、どれほど洗ってもカビ臭くなってペニスを挿入する気にはなれないでしょう。

したがって使用後はどれほど面倒と感じても必ず洗浄を行ってください。

またコンドームをつけていたとしてもローションが雑菌の巣になることもあります。

洗浄方法は中性洗剤と使わなくなった歯ブラシで隅々まで洗ってください。

水で完全に洗い流した後は陰干しして完全に乾燥させ、その後、陽の当たらない場所に保管すれば長持ちします。

またオナホによっては表面に油滲みが出る場合もあるので、ベビーパウダーを振りかけておけば油滲みを抑えることができます。

アダルトグッズのネット販売大手、NLSではオナホを清潔に保つオナクリーンを始め、各種メンテナンスキットが販売されているので、これらを使うと効果的に洗浄できます。

 

オナホールを温め過ぎない

寒い時期になるとローションやホールが冷たくなるので、ペニスを突っ込む気が失せる、という人も多いでしょう。

その対抗策としてオナホやローションを温める方法がありますが、温め過ぎて熱くなり、ペニスを突っ込んだ際にヤケドをする、という例が意外と多いのです。

オナホやローションはお湯で温めるなどいろいろな方法があり、うまく適温を把握しておけばヤケドをすることはありません。

しかし指先でちょうどいい温度、と思っても亀頭の先は指よりも敏感な場所なので熱く感じてしまうわけですね。

オナホやローションを温める時は、指先でヌルい、と感じる程度から適温を探るようにしましょう。