オナホールの種類についてまとめてみた。 ※驚愕こんなにあるのかよwww

onasyurui

オナホールの種類についてまとめてみました。

オナホールを細かく種類によって分けると以下のような感じになります。

・ゆるい系
・キツイ系
・大型オナホール
・電動オナホール
・ロリ系オナホール
・使い捨てオナホール
・手コキ系オナホール
・低価格オナホール
・ハンドホール
・おっぱい
・非貫通タイプ(ストレートタイプ)
・貫通タイプ
・スパイラルタイプ
・無次元加工タイプ
・2重構造タイプ
・フェラチオタイプ
・人型造形タイプ
・クリアタイプ
・特殊タイプ
・メーカー別など

今一番ホットでおススメのオナホールはこちら>>

・ゆるい系

ゆる系はその言葉通り、オナホールの中の締りが緩くてまったりと楽しむタイプになります。

まったり系などと言われる場合もあります。

リアルなオマンコを求めるなら、どちらかというとゆる系がリアルに近い傾向があるかと思います。

ゆるい系の人気のオナホールはこちら>>

・キツイ系

キツイ系、キツ系などと呼ばれたりもしますが、オナホールの中の締りがキツい感じのオナホールのことを言います。

キツイ系の最上級クラスになると、もうおチンコすら入んないよ!っていうくらいにキツかったりします。

キツイ系の人気のオナホールはこちら>>

・大型オナホール

大型オナホールは一般的にはお尻やマンコ周辺の造形も含めて作られているサイズの大きなオナホールを指します。

それとは別に、通常のオナホールの大きなサイズの事も指したりする場合もあり、それと区別する為に、固定して使えるような大きなサイズの物を据え置きオナホールと呼んだりします。

大型オナホールの人気ランキングはこちら>>

・電動オナホール

電動オナホールは、その名の通り自動で動いてペニスを刺激するオナホールの事を言います。

現在では科学技術の進歩により、電動オナホールの機能性も大変優れていて、ハイクオリティーな電動オナホールが続々登場しています。

また最近ではデザインなども洗練されたオシャレな商品が販売されていて人気となっています。

電動オナホールの人気ランキングはこちら>>

・ロリ系オナホール

ロリ系オナホールは幼い系をモチーフにしており、形や内部の刺激など、幼い系をイメージしてこだわって作られています。

・使い捨てオナホール

使い捨てオナホールは、基本的には1回使用するとそれっきりで使えないオナホールの事を言います。理由としては洗浄するのが困難な作りであったりする場合が多いためです。

何度も使えない為にコストパフォーマンスは悪いですが、そんなにオナホールを使わないという方には向いている商品です。TENGAなどはその代表的な例ですね。

・手コキ系オナホール

手コキ系オナホールというのは、主に亀頭部分だけにオナホールを被せて、手コキの握る圧力の強弱が自分でコントロールしやすいオナホールの事を言います。

主流としては卵形のTENGAエッグなどが人気です。形も小さくコンパクトなので収納にも便利です。

・低価格オナホール

低価格オナホールは、料金が比較的リーズナブルで安いオナホールのことです。

200円台から購入出来て、1000円前後の商品の事を指します。

安いので、刺激もそれなりといった感じです。

・ハンドホール

ハンドホールは、一般的なオナホールの事を言います。

ちょうど手に持ってシコシコできるようなサイズのオナホールのことですね。

一番定番な王道オナホールなので、オナホと聞くとこの形状をイメージする方が多いかと思います。

・おっぱいグッズ

おっぱいの形状をした特殊なオナホールです。

おっぱいを揉み揉みするだけでも楽しめるのですが、擬似パイズリで、おっぱいにペニスを挟めるようになっていたり、コスリ刺激で、ペニスを刺激する形状になっていたりと、おっぱいでオナニーを楽しめる商品です。

リアルなおっぱいグッズはこちら>>

・非貫通タイプ(ストレートタイプ)

非貫通タイプのオナホールというのは、穴が貫通していないものを指します。

一般的にはこの形状が王道スタイルです。空気圧を利用してバキュームフェラのような刺激を演出できたりします。

・貫通タイプ

貫通タイプは、オナホールの穴が貫通しているタイプの商品です。

貫通しているので、吸引されるようなバキューム系の刺激は得られません。主に摩擦による刺激が主流のタイプです。

・スパイラルタイプ

スパイラルタイプというのは、オナホールの中の形状が渦のようにスパイラルに作られたオナホールの事を言います。

・無次元加工タイプ

無次元加工タイプは主に、オナホールの内部の形状が女性の膣のような形の構造になっているオナホールの事を指します。

実際に、膣のリアルな刺激を求めて、忠実に膣の内部を再現したオナホールもあったりと、リアルな刺激を求める人におススメなタイプです。

・2重構造タイプ

2重構造タイプは主に外側の素材と、内部の素材が別々に分かれているタイプのオナホールの事を指します。

より内部の刺激を充実させようとして作られたタイプで、非常に凝った商品が多く、オナホールで人気の商品も2重構造タイプが多いです。

・フェラチオタイプ

フェラチオタイプは、その名の通り、フェラチオしているような感覚をリアルに再現しようとして作られたオナホールの事をいいます。

実際に口の形に作られたオナホールがあったりと、フェラチオ好きにはおススメのタイプです。

・人型造形タイプ

人型造形タイプはオナホールの形が人型になっているタイプのオナホールの事を指します。

人型になっているので実際に挿入している感覚のイメージがしやすく、それが興奮の引き金となってよりオナニーが楽しめる事を目的として作られているタイプです。

・クリアタイプ

クリアタイプは透明な素材で作られたオナホールです。実際に自分のペニスがオナホールの中でうごめいているのがわかるので、それを見てより興奮して刺激になったりと楽しめるタイプです。

・特殊タイプ

特殊タイプはオナホールの内部の構造などが特殊な形状をしたものを指します。

内部の構造が特殊なので、通常のオナホールでは味わえない刺激が楽しめたりします。

普通のオナホールに飽きた人におススメなタイプです。

・メーカー別など

オナホールを製造しているメーカーだけでも色々あるので、特に気に入ったオナホールがあれば、そのメーカーが販売している商品を辿って楽しむというのもありかと思います。

有名どころで言えば、RENDS(レンズ)やトイズハート、N.P.G.(エヌピージー)、ホットパワーズ、SOD(ソフトオンデマンド)、A-One(エーワン)などですね。

まとめ

オナホールの種類だけでもこれだけのものがあります。どれから試したらいいのかわからないという方は、ハンドホールで人気の商品を試すと良いですよ。

現在でもこれだけ充実したラインナップがあるのですから、これから10年後、20年後はさらに進化したオナホールが溢れているんでしょうね。

チンコをみなぎらせて、楽しみにしていたいと思います。

オナホールを通販するならこちらのサイトがおススメ>>