ラブドールの種類について ※オリエント、アルテトキオ、4woodsなど

ラブドールの魅力はリアリティの追求にあります。

ここでは各メーカーの特徴を取り上げ、それぞれのラブドールの魅力をご紹介します。

◯オリエント工業

オリエント工業でもっともクオリティの高いラブドールが「やすらぎ」と「アンジェ」で、どちらも等身大のサイズの製品となっています。

「やすらぎ」の特徴は関節の動きを滑らかにしていることが大きな特徴で、簡単に曲げ伸ばしができ、さまざま体位を取ることが可能です。

「アンジェ」は関節のグリップ力を高めることで長時間のポージングが可能になっています。

「やすらぎ」はグリップ力が弱いのでベッドやソファで使用、「アンジェ」は立位や四つん這いなどのポージングの他、背もたれのない椅子に着座することもできます。

この2つのボディに好みの顔を合わせられるのがオリエント工業オリジナルとなっており、大人っぽい藤沢弥生、アンニュイな小西あさみ、派手系の沙織など、どの顔部分も精巧な作りで、擬似セックスオナニーの枠を大きく超え、ラブドールセックスという分野が切り開けるほどの興奮度があります。

◯アルテトキオ

アルテトキオも等身大ラブドールを製作しているところですが、身長は132cmから163cmまで細かく分類されており、自分の身長に合わせた、あるいは自分好みの身長から選べる点が大きな特徴です。

132cmはAカップのプチバスト、163cmはスリムバストと巨乳が用意されているなど、身長に合わせた趣向にも対応しています。

身長の小さい体型には日本人やハーフ系の少女系フェイス、大きな体型には妖艶なお姉様系、妖しいハーフ系フェイスが選べるなどオリジナルのラブドールが作れる設計となっています。

また、これらのフェイスを1/3スケールフィギュアに取り付けることも可能なので、等身大ラブドールが高価すぎる、という人は1/3スケールがお勧めです。

◯4woods

4Woodsのリアルなラブドール、A.I.dollの大きな特徴はオーダーメイドの際、好みのメイクアップを施してくれることです。

ナチュラルからセクシー、さらにキャバクラ嬢のようなキラキラしたグリッターメイクまでしてくれるので、よりオジリナル色が高まります。

このA.I.dollと並んで人気なのがNaughty dollで、こちたはリアリティを持ちながらも二次元的キャラを取り入れたラブドールで、コスプレ会場に集まる美少女を思わせます。

豊富なオプションを使えば、二次元キャラのコスプレも可能でしょう。