アナルプラグとアナルストッパーって何違うの? ※調べてみた結果

 

 

Q: アナル拡張用グッズにプラグとストッパーがあるけど、何違うの?

A: 一般的にアナルプラグというと肛門から大腸にまで届き、直腸まで拡大するタイプを表し、アナルストッパーは肛門からわずかの距離しか侵入せず、文字通り肛門を拡張しながら排泄物を出さないように止めるタイプを表します。

しかし厳密な分類ではなく、メーカーによって呼び名が変わっているのが現状です。

アナルプレイは、肛門の末梢神経を刺激して快感を得るアナニーから、直腸までペニスやグッズを挿入するアナルセックス、前立腺刺激プレイまであります。

英語で肛門のことはアヌスと呼び、アナルは「肛門の」という形容詞になることからも分かるように、アナルプレイと総合的に呼ぶ場合は肛門だけでなく、直腸までを含みます。

肛門だけを広げても直腸を広げなければ挿入物が奥まで届かないことから、アナルプラグは直腸を広げるような、ティアドロップ型(水滴型:中央より下部が膨らんでおり、肛門の位置でまた窄まっている形)をしているわけです。

一方、アナルストッパーは文字通り、肛門に栓をすることが目的なので、直腸を拡大する形になっておらず、サイズもやや小さめとなっています。

ただしアナルストッパーといっても中には肛門拡大を目的とした大型サイズもあるので、初心者の方はサイズに注意して選ぶようにしましょう。

 

タイプ別!アナルプラグかアナルストッパーの選び方

 

【肛門愛撫のアナニーが好きなタイプ】

まず肛門愛撫のアナニー派はアナルストッパーの方がいいでしょう。

肛門アナニー派は外括約筋の収縮、つまり肛門を通る時の快感を得るオナニーで、アナルへ挿入する場合でもアナルパールなど広げたり閉じたり、という動作が多く、直腸の内括約筋まで刺激することがあまりありません。

したがって内括約筋まで拡張するアナルプラグは必要ないといえます。

 

【圧迫刺激好きなタイプ】

一方、アナルにペニスを挿入するアナルセックス、前立腺刺激オナニーなど圧迫刺激の快感を得るのが好きな人の場合、直腸の内括約筋まで拡張するアナルプラグの方が効果的となります。

ただしアナルプラグにはサイズがいろいろあり、中には直径5cm以上の極太サイズもあります。

アナルの大きさと合っていないで巨大サイズを無理に入れてしまうと、痛みだけでなく内括約筋を損傷させる危険があります。

内括約筋を損傷させると自己回復能力がないため、医療機関で手術をしなければなりません。必ず自分のアナルサイズに合うプラグを選び、少しずつ拡張するようにしてください。