アナル拡張をするために、長時間アナルグッズを肛門に入れても大丈夫?

Q: アナル拡張でずっとアナルに器具を入れていても問題はないの?

A: 基本的にアナルグッズ、アナル拡張プラグやアナルストッパーと呼ばれている器具は肛門を塞いで拡大するだけなので、サイズさえ慎重に選べば身体に害になることはありません。

素材も最近はシリコン製なので粘膜への融和性も高いため、有害物質が体内に入り込む心配もいらないでしょう。

ただし、肛門から先、大腸は女性の膣と違い、異物が挿入された時に滑りをよくする分泌液を出すことはありません。

アナルセックスをするとアナルが濡れる、と称する人もいますが、それは胆汁の過剰分泌であり、健康上あまり好ましくありません。

したがって長時間、アナルに異物挿入していると腸壁が異物を圧迫し、張り付いてしまうことがあります。

この状況になるとアナルから拡張器具を取り出すのが困難になるばかりでなく、取り出す際に強烈な痛みを覚えることがあります。

アナルへの張り付きを防ぐためには、拡張器具へ十分にローションを塗っておくことが大切ですが、ローション選びは必ずアナル専用であることを確かめてください。

アナル拡張を長時間するならアナル用ローションを必ず利用しよう

ペペローションなどのポリアク系ローションは、水分を吸収する作用があるので、アナル拡張器具に使用すると逆効果となり、よけいに腸内へ張り付いてしまう可能性があります。

アナル専用のローションは主成分にシリコンが含まれていることが特徴です。

ポリアク系はネバネバ感が強く、これを身体に塗ることでヌルヌル感が高い性的興奮を呼びますが、シリコン系は潤滑に特化しているので摩擦軽減に役立ちます。

また一度塗ると長時間、潤滑を保持できるというメリットもあるのでアナルに最適のローションといえます。

腸内の張り付き防止だけでなく挿入時にも器具の先端に塗れば、無理のない挿入ができますね。

シリコン系ローションはサンオイルのようにサラサラしていて伸びがいいので、ポリアク系のように多く塗る必要がありません。

手に豆粒大を取って器具とアナルに塗るだけで十分です。

長時間、アナル拡張を行うのであれば途中、何度か器具を取り出して乾燥具合を確かめましょう。

シリコン系ローションにもよりますが、アナル拡張器具はピストン運動することがないので1度、塗ればかなり持ちます。

アナル拡張の時間が5〜6時間であれば、途中1回の補充で十分に効果を発揮します。ただし、かなり垂れやすい上にオイリーなので、パンツやスーツのズボンに染みをつけないようにしてくださいね。


人気があっておススメのアナル拡張グッズはこちら>>