アナル拡張をすると肛門が広がりっぱなしになる? ※実際に試した結果

 

Q: アナル拡張をすると肛門が広がりっぱなしにならない?不安なんだけど…

A: アナル拡張のサイズや方法によります。

たとえば挿入する対象が太いもの、彼氏のペニスや太めのディルドなどの場合、かなり拡張しなければならず、また挿入を頻繁におこなうようであれば肛門はかなりの確率で開いた、または緩い状態になります。

細いもの、アナルパールやアナルスティック程度であれば、その心配はほとんどありません。

またアナル拡張を止めれば(個人差もありますが)1〜2ヶ月程度で元の肛門に戻ります。

肛門は女性の膣ほど筋肉が密集していないので弾力性がありません。

これは膣が出産の時の通り道になる器官であり、肛門は大便の出口という、出てくるものの大きさの違いですね。

肛門は随意筋の外括約筋の働きによって締めることができるので大便の排泄を調節できますが、この外括約筋を支えているのが内括約筋です。

この筋肉は胃や腸と同じように自分の意思で自由に動かせない不随意筋なので、挿入の時に感じる気持ち良さには影響していません。

しかし内括約筋は損傷すると筋肉の機能が元に戻らないため、肛門を締める機能が外括約筋だけに限られ、自然と肛門が緩くなったり広がったままになったりします。

この内括約筋が傷つくと、時間が経過しても復元できないので医療機関による治療が必要となります。

内括約筋を損傷させるのはアナル拡張を行う時、強引に太いアナルプラグなどを挿入するなど、必ず無理がある場合ですね。

アナニーやアナルセックスでも準備が万全でない時に太いものを挿入すれば内括約筋が損傷する可能性は十分にあります。

したがってアナル拡張を行う時は慎重に、時間をかける方が身体にストレスをかけなくて済みます。

内括約筋は肛門の上、主に大腸の末端を両側から支えるような形で存在しています。

したがってよほど太いものを直腸内まで入れなければ裂傷することはありません。

アナル拡張用グッズはほとんどの場合、先端が細くなっているので内括約筋を傷つけることはありませんが、極太ディルドなどを挿入、直腸内で回転させるような過激なプレイをすると内括約筋を損傷させる可能性が高まります。

単なるアナル拡張では内括約筋の損傷をそれほど心配する必要はないでしょう。

ただし、くれぐれも拡張を焦ってステップを踏まず、いきなり太いものを挿入することだけは避けてください。