優しいアナル拡張のやり方・方法 ※初心者必見!肛門を開発しよう!

ここでは、アナル拡張のやり方、方法について紹介しています。

アナル初心者の方は、ぜひ一度目を通してみて下さい。

アナル拡張をする前に!必ずやるべき事について

アナル拡張は指、または器具を使用しますが、その前にアナルの洗浄は必ず行うようにしましょう。

アナル、つまり肛門の奥は大腸であり、その大腸から送り出されるのは大便ですね。

指や器具を肛門内に入れれば大便がついてしまう可能性は十分にあります。

したがってアナル拡張をする前に、浣腸や水で洗浄をして大腸内のキレイにするようにしましょう。

指や器具に大便がつけば当然、その後に洗浄しなければならず、また気分的にも萎えるし非衛生的なので事前洗浄をお勧めします。

大腸の洗浄はお湯や水でも可能ですが、早くきれいにしたい場合はイチジク浣腸など市販医薬品を使用しましょう。

市販医薬品の浣腸には大便の排出を容易にするグリセリンが含まれており、容器も肛門へ挿入しやすく溶液をこぼさずに腸内へ送り込む形状をしています。

一度、市販医薬品の浣腸薬を挿入して大便を排出した後、お湯や水で腸内を洗い流せば完璧ですね。

アナル拡張は指から始める

大腸の洗浄を終えたら、いよいよアナル拡張に入ります。

最初は指でアナルの周囲をほぐすことから始めてください。

いきなりアナル拡張用グッズを使用すると外括約筋が切れ、出血することがあります。

1. 横臥位でリラックスする

指でアナル拡張を行う時は横臥位、つまり横向きで寝て膝を抱えるような格好がお勧めです。

この形であれば無理なく指が肛門に届くはずです。肛門は緊張すると外括約筋が働いて締まってしまうので、最初はリラックスするために大きく息を吐きましょう。

それから人差し指でも中指でも構わないので、肛門周辺をゆっくりと押すようにしてほぐしていきます。

2. 指を1本、ゆっくり入れる

肛門がほぐれてきた、柔らかくなったと感じたら、指を1本、ゆっくりと入れてみます。

衛生面が心配であるようならば医療用や調理用の薄いゴム手袋をしてください。

ただしゴム手袋は滑りが悪くなり、外括約筋を傷める可能性があるので、ローションを併用した方がスムーズな導入を行えます。

3. 肛門の開閉運動を行う

指が1本入ったら、外括約筋を動かしてみましょう。

要するに肛門を締めたり広げたりする運動ですね。指に圧力がかかるようであれば元気な外括約筋となり、アナル拡張もスムーズに行えますが、圧を感じないようであれば、やや外括約筋に衰えが見えます。

その際は無理せず、肛門の開閉運動をしばらく行って外括約筋を鍛えてください。

指の挿入に慣れてきたら、次は指を2本にして今度は指の力で肛門を広げてみてください。

その際、外括約筋が緊張しているとうまく開くことができません。最初に肛門をいじった時のように息を吐いてリラックスしましょう。

指で開いて肛門に弾力ができ、痛みをそれほど感じなければ次のステップに進むことができます。

アナル拡張グッズを使う

二本指で肛門を広げることに痛みを覚えなくなったら、いよいよアナル拡張グッズの出番です。

NLSなどネットのアダルトグッズ大手販売店ではいろいろな種類のアナル拡張グッズが販売されているので、これらを購入して挑戦しましょう。

ただし、指で拡張した時と同じようにいきなり大きめのグッズを使うと痛みが走るだけでなく出血が伴ってしばらく拡張できない事態に陥ります。

こうなると肛門の傷が治っても次に拡張する時に外括約筋が痛みを覚えていることから緊張し、また指でほぐすところから始めなければなりません。

アナル拡張グッズには小さいサイズも揃っているので、少しずつステップアップして太いサイズを使うようにしましょう。

アナルが拡張されるとアナニーやアナルセックス、前立腺刺激オナニーがスムーズに行えるようになり、新たなセックスライフが広がります。

興味のある人は焦らず順序を守ってアナル拡張を試みてください。